現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ハミルトン、タイヤのブリスター問題でピレリを批判。「オーストリアにも特別仕様を持ち込むべきだった」

ここから本文です
スポーツ 2018.7.4

ハミルトン、タイヤのブリスター問題でピレリを批判。「オーストリアにも特別仕様を持ち込むべきだった」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 メルセデスのルイス・ハミルトンは、オーストリアGPにはトレッドの薄いバージョンのタイヤを持ち込むべきだったとピレリに批判的な発言を行った。レース中、何人ものドライバーがタイヤのブリスターに苦しんだ。

 ピレリはタイヤのオーバーヒートを防ぐため、スペインGP、フランスGP、イギリスGPでは通常よりトレッドが0.4mm薄いタイヤを使用することを決めた。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

 オーストリアには通常の仕様が持ち込まれた。しかし決勝で気温が上がったことで、多数のマシンにブリスターが発生、2回ストップに切り替えざるを得なかった。

 ハミルトンもタイヤに苦しんだひとりで、ピレリはオーストリアにトレッドの薄いタイヤを持ち込むべきだったと考えている。ハミルトンはピットストップのタイミングによってリードを失った後、タイヤに苦労し、2回目のピットストップを行い、最終的にはトラブルによりリタイアした。

「ピレリはもうひとつの仕様を持ち込むべきだった。前戦と同じものをね」とハミルトン。
 
「オーバーテイクしようとしたが、このタイヤではレースができなかった。ライバルたちと戦えるだけの速さはあったが、タイヤが原因で戦い続けることができなかった。それによってバトルを見る楽しみをファンから奪うことになったんだ」
   
「このタイヤにはちゃんと戦えるだけの力がない。残念だよ。ブリスターができて戦い続けられなかった」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します