現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 装備充実、よりスポーティに進化した『BMW2シリーズ・アクティブ&グランツアラー』

ここから本文です
スポーツ 2018.7.4

装備充実、よりスポーティに進化した『BMW2シリーズ・アクティブ&グランツアラー』

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 BMWグループが、MINIで培ったノウハウを活用し、同ブランド初のFFプラットフォームで送り出したピープルムーバー『BMW2シリーズ・アクティブ&グラン ツアラー』が、登場以来初となるモデルチェンジを受け、6月28日から発売開始となっている。

 2014年のデビュー以来『BMW 2シリーズ アクティブ ツアラー』はBMW初のスポーツ・アクティビティ・ツアラー(SAT)として、また『グラン ツアラー』は初のコンパクト・マルチ・パーパス・ビークル(MPV)として、スポーティな走行性能と広い室内空間、快適性・安全性を備え、ファミリーユースを想定するユーザーから高い支持を集めてきた。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 そのFF系2シリーズが初のランニングチェンジを受け、外装デザインを一新してスポーティかつダイナミックなスタイリングを実現。さらに座り心地を向上させた室内空間は、先代モデルに引き続きドライバーの安全走行をサポートするドライビング・アシストを全車標準装備とするなど、商品魅力度の充実が図られている。

 エクステリアでは、大型化し力強い印象を与える新デザインのキドニーグリルと、新しいヘキサゴナル・デザインが印象的なLEDヘッドライトを採用することで、よりダイナミックなデザインへと進化。

 フロントバンパーは、大型のエアインテークを左右に配した新デザインを採用することで、ワイドな印象を強調すると共に、リヤバンパーも大型化した新デザインを採用し、90mm径に拡大したエキゾースト・テールパイプとともに、スポーティさと存在感を強調したデザインとされている。
 一方、このモデルの生命線とも言えるインテリアは、上質なデザインと広い空間を維持しながら、フロントシートの座面を拡大することで座り心地が向上。装備面においては、先代モデルに引き続きレーン・ディパーチャー・ウォーニングや、衝突回避・被害軽減ブレーキを含むドライビング・アシストを全車に標準装備し、ドライバーの安全走行をサポートする万全の機能が備えられた。

 パワートレーンでのトピックとして最高出力140PS/最大トルク220Nmを発揮する直列3気筒DOHCガソリン直噴ターボを搭載する『218iアクティブ ツアラー/同グラン ツアラー』には、7速ダブル・クラッチ・トランスミッション(DCT)を新たに採用。スポーティな走りと高い燃費性能を実現させている。

 またグレード別のスポーティ・トリムに位置付けられるM Sportモデルでも新デザインを導入し、新デザインのフロントバンパーには、ハイグロス・ブラックのアクセントが施された大型のサイド・エア・インテークを採用し、M Sportの力強さを強調する仕立てが施された。

 同じく、新しいリアバンパーにもダーク・シャドーのアクセントパーツが追加され、よりモダンな印象となっている。

 パワートレーンは『BMW 2シリーズ アクティブ ツアラー』で前出の1.5リッター直列3気筒DOHCガソリン直噴ターボや2リッター直列4気筒クリーンディーゼル、プラグインハイブリッドまでが用意され、価格は374万~556万円。ガソリン、ディーゼルのみの展開となる7人乗りモデルの『グラン ツアラー』は、410万~515万円となっている。
BMW カスタマー・インタラクション・センター:フリーダイヤル:0120-269-437
BMW インターネット・ウェブサイト:http://www.bmw.co.jp

BMW
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します