現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 全日本カートOKシリーズ 2018年第5戦/第6戦茂原 レースレポート

ここから本文です
スポーツ 2018.7.4

全日本カートOKシリーズ 2018年第5戦/第6戦茂原 レースレポート

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018 オートバックス 全日本カート選手権OKシリーズ 第5戦/第6戦
開催場所:茂原ツインサーキット東コース
開催日:2018年6月30日~7月1日

コース:茂原ツインサーキット東コース
天候:晴れ
路面状況:ドライ
参加台数:25台

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

 2018年オートバックス全日本カート選手権OKシリーズ第5戦・第6戦が6月30日~7月1日に千葉県の茂原ツインサーキット東コースで開催された。全日本開催コースの中では、もっとも高低差があるともいわれる茂原東コース。さらに、例年猛暑となるため、ドライバーにとっては非常に厳しい条件でのレースとなる。レースウイークが始まる金曜日には、関東甲信越地方の梅雨明け宣言が出され、連日真夏の陽気のなかでのレースとなった。

 今回は、ランキングトップの佐々木大樹(TONYKART/VORTEX/BS)がスーパーGTタイラウンド参戦のため欠場。このチャンスを誰が生かすことになるのかにも注目が集まる。

■第5戦
高橋悠之がOK初優勝を獲得!

 土曜日に2グループに分かれた行われたタイムトライアル。総合トップはBグループで出走した名取鉄平(BirelART/IAME/BS)。前回本庄大会の第4戦で優勝を飾り、茂原は事前のタイヤテストでもトップタイムをマークするなど相性のいいコースで、好調さを持続している。
 
 2位には高橋悠之(TONYKART/VORTEX/BS)、3位に宮下源都(TONYKART/VORTEX/BS)とトニーカート勢が続き、4位に名取のチームメイトとなる冨田自然(BirelART/IAME/BS)がつける。ゼッケン1の佐藤蓮(DragoCorse/TM/YH)は総合7位から巻き返しを図る。

 予選ヒート、序盤は2周目にトップに出た高橋と名取が集団を引っ張りながらリードを広げていく。やや離れた3番手には宮下、佐藤、山田、野中誠(SWF/IAME/BS)と続く。

 3番手以下を引き離したトップ2だったが、11周目のS字で名取がスピン。再スタートできずリタイアとなる。さらに13周目には2番手に上がった宮下もマシントラブルでピットへと戻りリタイア。
 
 これでトップは高橋の単独走行、2番手に佐藤、野中の順となる。トップ3はそのままの順位のままチェッカーを迎え、高橋が決勝のPPを獲得した。

 日曜日の朝に行われた決勝ヒート。気温も上昇するなか、28周の長丁場でドライバーは体力を要求されるタフなレースだ。

 ポールスタートの高橋はスタートをうまく決めると、「序盤から引き離そうと思っていた」という作戦通りにプッシュし、2番手の佐藤を引き離していく。さらに佐藤が序盤にマシントラブルにより姿を消すと、高橋はセーフティマージンを確立。それでも手を緩めることなく、ハイペースでの周回を重ねていく。
 
 2番手には野中がつけるが、後方から追いあげた名取が接近すると、11周目には逆転。2番手に上がった名取は野中を突き放し高橋を追うものの、すでにその差は3秒以上と大きく、また高橋と名取はイーブンペースのため、差は縮まらない。

 レースは終始独走でトップを守った高橋がOK2年目で初優勝を獲得。2位に名取、3位に野中が入るも野中はレース中の追突でフェアリングがずれペナルティにより降格。繰り上がりで山田が表彰台に上がった。

高橋悠之/優勝ドライバーのコメント
「これまで茂原では2位や3位はありましたが勝ったことはありませんでしたので、優勝できてうれしいです。練習の時点から調子が良かったので自信がありました。午後のレースにもいい手ごたえを感じているので、十分に身体を休めて臨みたいと思います」

■第6戦
名取鉄平、スタートからトップを守り今季2勝目を獲得!

 短いインターバルを挟み、第6戦の予選ヒートがスタート。序盤は宮下がトップをキープするものの、3周目に名取、高橋が宮下をかわす。名取は高橋にも若干のリードを広げ独走。高橋は2番手を守って周回を重ねたが、終盤に入りマシントラブルを抱えながらの周回となり後退を余儀なくされる。
 
 これで2番手に上がったのが野中。3番手には追い上げてきた三宅淳詞(SDD HIROTEX、CRG/IAME/YH)が上がってくる。終盤の上位陣には大きな動きはなく、名取が独走でトップチェッカー。2位に野中、3位三宅となった。

 決勝ヒートはPP名取が好ダッシュを見せ、まずは集団を引っ張っていく。2番手には佐藤、高橋、野中と続くが、名取のペースがよく、徐々に単独走行へと持ち込んでいく。
 
 そのまま逃げ切るかに思われたが、終盤の23周目に高橋が佐藤をかわし2番手に上がると、その勢いのまま名取との距離を縮め接近していく。最後はテール・トゥ・ノーズに持ち込むが、名取も意地を見せ高橋を抑え込み優勝。第4戦に続く今季2勝目を獲得した。2位に高橋、3位に佐藤が入った。

名取鉄平/優勝ドライバーのコメント
「すごく厳しい28周でした。後続の選手も速く、ペース的にも苦しいなかでの走行でしたが、最後は絶対に負けないという強い気持ちをもって走っていました。土曜日の予選でミスしチームに迷惑をかけていたので、勝ててよかったですし、残りのレースも勝ってチャンピオンを獲得したいと思います」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します