現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > R&D SPORT 2018スーパーGT第4戦タイ レースレポート

ここから本文です
スポーツ 2018.7.3

R&D SPORT 2018スーパーGT第4戦タイ レースレポート

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018 スーパーGT Rd.4 チャン・インターナショナル・サーキット

予選順位:6位
決勝順位:-
チームランキング:13位
ドライバーランキング:13位

    GT300決勝《あと読み》:悲喜こもごものタイ戦。GAINER優勝、そしてアンラッキーなライバルたち

2018.07.02
SUPER GT 第4戦 チャン・インターナショナル・サーキット 決勝
アクシデントが引き金か?マシントラブルで無念のリタイア

 7月1日(日)SUPER GTシリーズ唯一の海外レース、タイのチャン国際サーキットでシリーズ第4戦『Chang SUPER GT RACE 』が行なわれました。真夏の日差しが照りつける中、午後3時に66周のレースがスタートしました。
 
 SUBARU BRZ GT300 は予選6位からのスタートで、使用するタイヤは、予選Q2で使ったタイヤがスタートタイヤに指定されました。今回タイに持ち込んだタイヤはミディアムとソフトの2タイプでいずれも路面温度が高いことを想定し、かつロングランが可能なタイプを持ち込んでいます。
 
 そのQ2で使用していたタイヤはソフトタイプで、車重が軽いBRZ GT300、路面のグリップが低いチャーン国際サーキットという条件なので、柔らかいコンパウンドでタイムを稼ぐ作戦です。
 
 しかし、タイヤ無交換作戦を取るチームも多いことが予想され、SUBARU BRZ GT300 も可能な限り無交換を狙う予定で挑みました。

 決勝直前の井口卓人によると、「昨日アンダーステアが強かったところが、だいぶ良くなっているので、着実に走ってタイヤにストレスかけないようにうまくできれば、いいところまで行けると思います」とのこと。
 
 マシンコンディションが改善され、明るい情報がありました。スタートドライバーは山内英輝です。ところがスタート直後、後続車にプッシュされ、リヤディフューザーを破損するアクシデントを抱えてしまいました。
 
 山内は「真後ろから押されているのはいいんですけど、斜め後ろから押してくる時もあって、ストレートでカウンターを当てる場面があって、危ないとは思いました。でも、後ろから押されることを利用して、前の96号車を抜くことが可能かもしれませんし、それができなかったのは自分が……って考えたほうが成長できるかな、と思っています」とコメントしています。
 
 その後、19周目に1コーナー出口で斜め後方から後続車にプッシュされ、なす術なくスピンしてしまいます。山内は「出口で斜めから押されたので、何もできなかったです。スピンからは復帰してすぐに追いかけたのですが、今度はマシンから異音があり、駆動系かエンジンのような気がしたので、クラッチを切ったらエンジンが止まってしまい、マシンを止めました」
 
 マシンはレースに復帰することなく、悔しいリタイアとなってしまいました。最終的な原因箇所は不明ですが、しっかり対策をして、次戦の富士に期待したいものです。

渋谷真総監督
「ここ2年連続してリタイアしていたので、今年こそはと意気込んでいたのですが、結果が残せなくて申し訳なく思います。アクシデントがらみではありますが、マシントラブルが最終的には出ているので、次戦に向けてしっかり解明していかなければなりません」

 次戦は8月4日(土)、5日(日)富士スピードウェイで500マイルの長丁場のレースが開催されます。空力を改善しトップスピードが上がったBRZ GT300 の活躍に期待しましょう。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します