現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 世界ラリークロス第6戦:クリストファーソンが母国スウェーデンで完勝

ここから本文です
スポーツ 2018.7.2

世界ラリークロス第6戦:クリストファーソンが母国スウェーデンで完勝

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 6月30日から7月1日にWorldRX世界ラリークロス選手権第6戦がスウェーデンで開催。母国レースに挑んだ2017年チャンピオンのヨハン・クリストファーソン(フォルクスワーゲン・ポロR スーパーカー)が勝利し、シーズン5勝目を挙げた。

 5戦4勝と圧倒的な強さを見せている2017年の王者クリストファーソン。母国スウェーデンでの第6戦もライバルたちを寄せ付けない速さを見せる。

    ペター・ソルベルグの長男オリバー、RXノルディック第3戦でキャリア4勝目をマーク

 クオリファイヒートでは、Q3で3位に留まり4戦全勝とはならなかったが3レースで1位を獲得し、クリストファーソンはトップでセミファイナルに進出する。

 セミファイナル1でも、ティミー・ハンセン(プジョー208WRX)を抑えファイナルのフロントロウを獲得。3位にペター・ソルベルグ(フォルクスワーゲン・ポロR スーパーカー)が入り、セバスチャン・ローブ(プジョー208WRX)は前戦に引き続きファイナル進出を逃す。

 セミファイナル2では、がアンドレアス・バッケルド(アウディS1 EKS RXクアトロ)トップ、2位にケビン・ハンセン(プジョー208WRX)が入り、3位にはジェローム・グロセット-ジャニン(ルノー・メガーヌR.S.)が入り初のファイナル進出を果たす。

 ファイナルレースでも好スタートを見せクリストファーソンがトップをキープ。ティミー・ハンセン、グロージャン、グロセット・ジャニンは1周目でジョーカーラップを消化する。


 2周目、3番手を走行していたケビン・ハンセンがトラブルでストップしてしまう。

 トップを快走するクリストファーソン。2番手のバッケルドに1秒差でリードし4周目に突入。ハンセンとエクストロームが激しくポジションを争い、グロセット・ジャニンは少し差が開いてしまう。

 ファイナルラップでジョーカーラップを消化したクリストファーソンはトップをキープ。一方、バッケルドはハンセンとエクストロームの間に割って入る。バッケルドはハンセンが膨らんだところを見逃さず2番手を奪う。

 ハンセンはエクストロームのアタックを死守するが、次のコーナーで両車は激しく接触。ハンセンは大きくコース外に飛ばされリタイアに。


 今季5度目のトップチェッカーをクリストファーソンが受け、母国での勝利を飾った。2位はバッケルド。3位でゴールしたエクストロームはレース後にペナルティが科せられ6位となり、グロセット・ジャニンが初表彰台を獲得した。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します