現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > GP3第3戦オーストリア:レース1はアイロットが圧倒。レース2はヒューズ逃げ切り

ここから本文です
スポーツ 2018.7.2

GP3第3戦オーストリア:レース1はアイロットが圧倒。レース2はヒューズ逃げ切り

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 GP3の第3ラウンドが、オーストリア・シュピールベルクのレッドブルリンクで開催され、フェラーリ育成ドライバーのカラム・アイロット(ARTグランプリ)がレース1を独走優勝。レース2はジャック・ヒューズ(ARTグランプリ)が後続を抑えきり優勝した。

 予選でチームメイトのジャック・ヒューズを0.037秒差で抑えたアイロットが、好スタートを決めてトップをキープ。スタート直後にコース上で止まってしまったマシンを撤去するため、セーフティカーが出動した。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

 レースは4周目から再開。後続では激しいバトルが繰り広げられたこのレースだったが、アイロットはどこ吹く風。一気に2位以下を突き放し、最終的に2位のレオナルド・プルチーニ(カンポス)に4.5秒差をつける独走優勝。3位はアレッシオ・ロランディ(トライデント)となった。


 レース2のポールポジションとなる8位は、ダビッド・ベックマン(イエンツァー・モータースポーツ)。ライアン・ティベターが7位、ジュリアーノ・アレジが6位とトライデント勢がレース2を上位からスタートすることになった。

 ポイントリーダーのアンソニー・ユベール(ARTグランプリ)は、うまく予選アタックをまとめられずまさかの19番手スタート。それでも猛烈に追い上げ、一時はポイント圏内の10番手まで上がったものの、チームメイトのニキータ・マツェピンと接触し、17位でフィニッシュした。

 レース2は、スタート直後に上位陣に波乱。グリッド上位3台は、出遅れたポールのベックマンを間に挟む3ワイドになった。イン側にいたティベターが1コーナーに向けてアウト側にマシンを寄せていったものの、3台が無事に通過できるスペースはなく、ベックマンの前を横切るようにアウト側のアレジと接触し、両車リタイア。ベックマンも右フロントにダメージを負いマシンを止めたため、一気にトップ3台が姿を消してしまう。

 これでトップに立ったのはヒューズ。2番手ペドロ・ピケ(トライデント)、3番手プルチーニというオーダーに。レース1ウイナーのアイロットは4番手となった。

 ピケはDRSを使いながらヒューズに追いつき、一度はトップに立つものの、この段階でDRSを使い切ってしまった。ヒューズは冷静に、温存していたDRSを使ってトップを獲り返すと、そのまま後続を抑えきり優勝を果たした。

 2位ピケとの差はわずか0.8秒。3位はプルチーニが入った。アイロットは終盤順位を落とし6位だった。

 ユベールはこのレースも追い上げたものの9位で、オーストリアでまさかのノーポイント。これで、この2レースで33ポイントを稼いだアイロットがポイントリーダーに浮上し、ランキング2位のユベールに6ポイント差をつけた。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Motorsport Network.)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します