現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 新勢力が台頭したタイ戦のGT500。無念の決勝で見えたMOTUL NSXの可能性とウイークポイント

ここから本文です
スポーツ 2018.7.2

新勢力が台頭したタイ戦のGT500。無念の決勝で見えたMOTUL NSXの可能性とウイークポイント

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スコール明けの波乱の予選のなかで今季初ポールポジションを獲得し、最上位グリッドからレースに臨んだMOTUL MUGEN NSX-GT。スタート直後は武藤英紀が2番手以下を引き離しにかかるも、2番手に上がったヘイキ・コバライネンのDENSO KOBELCO SARD LC500に追いつかれる苦しい展開となった。武藤がレースを振り返る。

「予選ではスピードを見せることができましたけど、やはり決勝ですよね。最初は後ろを離せて中盤までは良かったけど、コースの特性上、そして自分たちのクルマの特性でもあるのですけど、結構、ダウンフォースが抜けちゃうところがあって、そのあたりはレクサスの方がコース適応の幅があって、GT300の処理も速かった」

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

 MOTUL NSXだけでなく、NSXの共通の課題として今季はフロントのダウンフォースが抜けやすいという特徴がある。特にGT300などの背後に付いた場合、その特徴が顕著に出てしまうという。

「僕たちはセクター3が辛くて、GT300の後ろについてしまうと、フロントのダウンフォースがすごく抜けちゃうので厳しかった」と武藤。

 2番手DENSOコバライネンに並びかけられながらもなんとかトップをキープしていたが、19周目にGT300が絡み、アウトから武藤が抜いたがインからGT300を抜いたコバライネンに前を奪われ、2番手に交替してしまった。

「なんとか並ばれながらもトップを守っていたのですが、GT300絡みで抜かれてしまいました。それもこのレースの難しさですが、GT300がいなくても、今日はスティントの終わりはタイヤが結構、厳しかったです」

 2番手に後退すると、27周目にはWAKO'S 4CR LC500にも交わされてしまい、3番手に。そこでピットに入った。そして、ピットストップでライバルよりも15秒近くタイムをロスする結果となり、優勝戦線から脱落。結果的に5位フィニッシュ。ポールからのスタートとしては悔しい結果だが、武藤はその悔しさよりも、今回の手応えを強調した。

「今年はNSXが速くて、その中でも今回はNSXの最上位だったので、自分たちの力は付いてきていると思うんですよね。だから、また今回のようなタイミングが来た時に、きっと良い勝負ができるんじゃないかなと思っています」

 レースはGT500ルーキーのDENSO KOBELCO SARD LC500小林可夢偉がスーパーGT初優勝を飾ったが、ヨコハマタイヤを履いてGT500復帰2年目のTEAM MUGENもまた、このタイで大きな可能性を見せた。新勢力の台頭が、GT500をさらに面白くしつつある。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します