現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリー、チェッカー寸前で入賞を逃す「これまでで最も厳しいレースのひとつだった」|F1オーストリアGP

ここから本文です
スポーツ 2018.7.2

トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリー、チェッカー寸前で入賞を逃す「これまでで最も厳しいレースのひとつだった」|F1オーストリアGP

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは、オーストリアGPの決勝レースを11位で終えた。

 ガスリーはレース中の大半を、ポイント圏内で走っていた。しかしレース終盤、ガクリとペースが落ちたところをマクラーレンのフェルナンド・アロンソ、そしてザウバーの2台に攻められてしまい、11位。ポイント獲得を逃した。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

「これまで経験してきた中で、もっとも難しいレースのひとつだったと思う」

 チームのプレスリリースにそう語ったガスリー。実はガスリーは1周目にストフェル・バンドーン(マクラーレン)と接触しており、マシンに大きなダメージを負っていた。

「ストフェルと僕は、1周目のターン3で接触してしまった。これにより僕のフロアに大きなダメージを負い、至る所でマシンが滑ってしまった」

「僕は最善を尽くし、ポイント圏内を走っていた。しかしマシンをドライブするのは難しかったし、最終的には僕のタイヤにグリップは残っていなかった」

「これだけポイントに近いところでレースを終えるのは残念だ。僕らは今週末にオーストリアに、アップデートされたエアロパッケージを持ってきた。しかしフロアにダメージを負ったことで多くのダウンフォースを失ってしまい、その効果を十分に確認できなかった」

 オーストリアGPはフランスGPから続く史上初の3週連続開催の真ん中。今週末にはすぐにイギリスGPが行われる。ガスリーはここでも巻き返しを誓う。

「残り数周というところまで、僕らは8番手を走っていた。ポイント獲得の可能性があったから、実に残念だ。でも今僕らは、来週行われるイギリスGPに目を向け、一歩前進しなければならない」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Motorsport Network.)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します