現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > マクラーレン、570Sクーペのハイパフォーマンスモデル『600LT』を発表。2018年10月から生産開始

ここから本文です
スポーツ 2018.7.2

マクラーレン、570Sクーペのハイパフォーマンスモデル『600LT』を発表。2018年10月から生産開始

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マクラーレン・オートモーティブは6月28日、同社が製造するスポーツカー、570Sクーペをベースに性能向上を図った『600LT』を発表した。

 車名につく『LT』とは、1995年のル・マン24時間レースを制したマクラーレンF1 GTRの最終型、『マクラーレンF1 GTR“ロングテール”』に由来する。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

『600LT』に搭載されるエンジンは570Sクーペに搭載される3.8リッターV型8気筒ツインターボエンジンをチューニングしたもの。冷却システムを改良するなどして、最高出力は600PS、最大トルクは620Nmを発揮する。

 徹底的な軽量化が図られており、ボディパネルには600LT専用のカーボンファイバー製のパーツを採用。シートは、マクラーレンP1で初めて採用されたカーボンファイバー製レーシングシートが装着される。

 これにより乾燥重量は1247kgと、570Sクーペに対して96kgの軽量化に成功している。

 また、さらなる軽量化を望むユーザーは、マクラーレン・セナのために開発された超軽量のカーボン製シートへの変更が可能。さらにはカーボンルーフ、カーボンフロントフェンダーといったオプションも用意されるという。

 エクステリアでは、フロントスプリッター、リヤ・ディフューザーが拡大され、全長は74mm延長された。リヤには固定式のウイングが装着され、空力性能が向上している。

 そんなマクラーレン600LTは2018年10月から製造される。先代の675LTと同様に1台1台がマクラーレンのプロダクションセンターで手作業で組み上げられる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します