現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【F1 オーストリアGP】フェルスタッペンが今季初優勝、ベッテルがランキングトップに浮上

ここから本文です
スポーツ 2018.7.2

【F1 オーストリアGP】フェルスタッペンが今季初優勝、ベッテルがランキングトップに浮上

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

F1第9戦オーストリアGPの決勝レースが1日、レッドブル・リンクで開催され、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)が今季初優勝を飾った。

バルテリ・ボッタス(メルセデス)がポールポジションからスタートした決勝レースは、スタート直後に2番グリッドのルイス・ハミルトン(メルセデス)と3番グリッドのキミ・ライコネン(フェラーリ)による、三つどもえのトップ争いとなった。それを制したのはハミルトン。ボッタスが2位となり、序盤はメルセデスの2人がレースをリードした。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

しかしボッタスはトラブルが発生しリタイヤ。ハミルトンもタイヤ交換作戦の違いから順位を落とし、その後トラブルでリタイヤとなった。代わってトップに立ったのはマックス・フェルスタッペン(レッドブル)。レース終盤はライコネンが徐々に差を詰めてきたが、フェルスタッペンは堂々の走りでその追撃を振り切り、2017年のメキシコGP以来となる、自身4度目の優勝を飾った。

ライコネンは最後にファステストラップを記録するも、1.5秒差で2位。3グリッド降格ペナルティを受け、6番手からスタートしたセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が3位に入り、ドライバーズランキングでハミルトンを逆転してトップに浮上した。

これまでノーポイントだったロマン・グロージャン(ハース)が4位で今季初ポイントを獲得。トロロッソ・ホンダはピエール・ガスリーが11位、ブレンドン・ハートレーはリタイヤに終わった。

F1オーストリアGP 予選結果

1. マックス・フェルスタッペン(レッドブル)

2. キミ・ライコネン(フェラーリ)

3. セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)

4. ロマン・グロージャン(ハース)

5. ケビン・マグヌッセン(ハース)

6. エステバン・オコン(フォースインディア)

7. セルジオ・ペレス(フォースインディア)

8. フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)

9. シャルル・ルクレール(ザウバー)

10. マーカス・エリクソン(ザウバー)

11. ピエール・ガスリー(トロロッソ・ホンダ)

12. カルロス・サインツ(ルノー)

13. ランス・ストロール(ウィリアムズ)

14. セルゲイ・シロトキン(ウィリアムズ)

15. ストフェル・バンドーン(マクラーレン)

以上完走

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 藤木充啓)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します