現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > スコールが生んだ波乱の予選。決勝はまったく別の展開か/GT300予選《あと読み》

ここから本文です
スポーツ 2018.7.1

スコールが生んだ波乱の予選。決勝はまったく別の展開か/GT300予選《あと読み》

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「これは来るでしょ」

 スーパーGT第4戦タイの予選日、ピットウォーク中にチームメンバーたちがスマートフォンやタブレットで見ているのは、雨雲レーダーだ。見せてもらうと、雨雲を示す真っ赤な模様がすぐ近くにある。そしてそれから10分ほどが経つと、予想どおり大粒の雨がサーキットに降り注いだ。スタッフたちが作業を進めていた6月28日から連日降っているスコールが、この日も降ったのだ。

    スーパーGT:第4戦タイのGT300予選結果発表。トップの88号車ランボルギーニ、そして10号車GT-Rのタイム抹消

 これでGT300クラスの予選Q1は、フルウエットの状態からスタートした。しかし、コース上の水はどんどん減っていく。このコンディション下で速さをみせたのは、こういった状況を得意とするダンロップ勢。Hitotsuyama Audi R8 LMSを駆る富田竜一郎が光る速さをみせ、最終的にスポット参戦のest cola by AAS Motorsportにトップを奪われてしまうものの、2番手につけた。

 同様にウエットで速いのはブリヂストン勢で、3番手にポールポジションとなったLEON CVSTOS AMG、そしてARTA BMW M6 GT3が続いた。また、ダンロップではGAINER TANAX GT-R、SUBARU BRZ R&D SPORTもQ1を突破している。

 逆にこのコンディションに泣かされたのがヨコハマのJAF-GT勢。「こういう変化していくコンディションに合わせられなかった」という坪井翔がドライブしたHOPPY 86 MCが18番手で、19番手にUPGARAGE 86 MC、20番手に30号車TOYOTA PRIUS apr GT、21番手に埼玉トヨペットGreenBraveマークX MCと、JAF-GT+ヨコハマが固まってしまった。

 GT500の予選を挟み行われたQ2はドライに転じたが、ここで速さをみせたのがLEON CVSTOS AMGでポールポジションを獲得。一方、同タイムで先にタイムを出していたマネパ ランボルギーニ GT3が当初ポールかと思われたが、予選後の車検でリストリクターの検査に引っかかってしまい、悔しい失格処分に。また、GAINER TANAX triple a GT-Rは参加条件のブルテンに記載されている最大過給圧の項目で引っかかってしまったようで、3番手だったはずが同様に失格となってしまっている。

 最終的に、マネパ ランボルギーニ GT3とGAINER TANAX triple a GT-Rをのぞいたグリッドは、なんとBS/DL/BS/DL/BS/DLとトップ6にブリヂストン装着車とダンロップ装着車が並ぶ状況となった。ヨコハマ勢の最上位はグッドスマイル 初音ミク AMGの7番手で、Modulo KENWOOD NSX GT3が8番手となっている。

■決勝も天候次第で読めないか。無交換が主流に……!?
 では決勝はどんな展開となるのか。ただこれはあまり予想がつかない。というのも、明日もスコールが来るのではないか……? という予想があるからだ。坪井は「本当にレースが終わってから降ってほしいです」というほど。

 もし仮にドライのままレースが展開されると、有利とされるのはブリヂストン勢。このコースはタイヤのゴムや構造の特性上、ブリヂストンに有利とされている。一方でダンロップ勢はドライではそれほど自信がない様子もうかがわれたが、狙っているのはGAINER TANAX GT-Rだろう。GT-Rはこのコースがもともと得意で、今回も狙っている様子がうかがえる(それだけにGAINER TANAX triple a GT-Rの結果は痛いところ)。

 特に事前のテストができるわけでもなく、海外ならではの気候やコース特性に翻弄されやすいこのタイでのレースだが、ファンにとって驚きとなったのはQ1トップのest cola by AAS Motorsportではないだろうか。

 多くのライバルがスペシャルのスーパーGT専用タイヤを履くのに対し、このチームは市販のミシュランを履くが、このタイヤは決して侮れないものだ。ウエットでも速さをみせているだけに、今回も波乱の中心になる可能性もある。AASモータースポーツのチーム力も高いので、注目しておくべき存在だろう。

 そして取材を進めていって分かってきたのは、多くのチームがタイヤ無交換作戦を検討していることは確実ということ。このコースは「無交換ができる」コースであり、場合によってはやらなければ勝負権がなくなる可能性もあるだろう。そしてその場合、予選では下位に沈んだJAF-GT+ヨコハマのマシンたちが上位に進出してくる可能性もある。

 いずれにしろ、スコールが降るか降らないかで展開が大きく変わりそうなスーパーGT第4戦タイ。テレビ観戦の方が多いとは思うが、見逃せないレースになりそうだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します