現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F2オーストリア:ラッセルが2戦連続PP。決勝レースでは安全上に理由によりローリングスタートを採用

ここから本文です
スポーツ 2018.6.30

F2オーストリア:ラッセルが2戦連続PP。決勝レースでは安全上に理由によりローリングスタートを採用

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 FIA F2第6戦シュピールベルグの予選が行われ、ARTグランプリのジョージ・ラッセルが2戦連続となるポールポジションを獲得した。

 予選前に行われたフリー走行をトップで終えていたラッセルは、ラストアタックを前にポールポジションを獲得できるタイムを残していたが、最終的には1分13秒451をマークしてポールポジションを決めた。今年のF2マシンは昨年のマシンよりも重量が重くなっているものの、このラッセルのタイムは、昨年シャルル・ルクレール(現ザウバー)が記録したタイムとわずか0.145秒差だった。

    オーストリアFP2:メルセデスがトップで初日終える。ガスリー9番手

 ランド・ノリス(カーリン)が第2戦バクー以来となる2番手を獲得し、フロントロウに並んだ。彼は最後のアタック中にターン9でコースオフしてしまい、0.2秒差でポールポジションを逃した。チームメイトのセルジオ・セッテ・カマラが3番手に続いた。

 ラッセルのチームメイト、ジャック・エイトケンはフリー走行でロイ・ニッサニー(カンポス・レーシング)と接触し、それぞれペナルティポイントを2点加算された。エイトケンは今シーズンのベストグリッドとなる4番手を獲得した一方、ニッサニーは最後尾となった。

 アージュン・マイニ(トライデント)は、前戦で使用していたエンジンにトラブルが発生したため、フリー走行と予選の間でエンジンを交換したものの、5番手を獲得。6番手にマキシミリアン・ギュンター(BWTアーデン)が並んだ。

 4列目の7番手にはルイス・デレトラズ(チャロウズ・レーシング・システム)、8番手にはアレクサンダー・アルボン(ダムス)がつけた。アルボンはこれまでの5戦を全てトップ3からスタートしていたが、今回は最後のアタック中にターン4でミスがあり8番手となった。

 9番手にはニック・デ・フリーズ(プルタミナ・プレマ・セオドール・レーシング)、10番手には牧野任祐(ロシアン・タイム)が入った。また福住仁嶺(BWTアーデン)は17番手となった。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Jack Benyon)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します