現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1オーストリアGP FP2:初日はハミルトンがトップ、トロロッソ・ホンダのガスリーは9番手

ここから本文です
スポーツ 2018.6.30

F1オーストリアGP FP2:初日はハミルトンがトップ、トロロッソ・ホンダのガスリーは9番手

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 午後3時からのFP2は、気温21℃、路面温度27℃、無風のコンディションで始まった。依然として雲が多く、セッション中の降水確率は60%のままだ。開始後10分、フェラーリの2台が精力的に周回を重ねる中、レッドブルとメルセデスの4台はガレージにこもったまま。数分後にようやく全20台がコースインした。

 ルイス・ハミルトンはソフトタイヤで、午前中の自己ベストを0.3秒近くしのぐ1分4秒579をマーク。2番手のバルテリ・ボッタスはスーパーソフトながら、0.2秒近い差を付けられている。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

 ソフトで周回を重ねるマックス・フェルスタッペンは、「高速コーナーを攻めるたびに、フロントタイヤがダメになって行く」と言いながらも、5番手まで順位を上げた。セバスチャン・ベッテルとダニエル・リカルドは新品ウルトラソフトを履き、それぞれ1分4秒815、1分5秒031と自己ベストを更新し、3、4番手に付けた。

 開始後36分。スーパーソフトで9番手タイムを出し、その後ウルトラソフトに履き替えたばかりのピエール・ガスリーが、ターン9でアウト側の縁石に乗り過ぎ、左フロントサスアームを破損。そのままターン10を飛び出し、グラベルで停止した。セッションは5分間の赤旗中断。再開後にはフェルナンド・アロンソもターン10で飛び出したが、こちらは無事にコース復帰した。

 ガレージに戻されたガスリーのマシンはわずか10分ほどで修理を終え、チェッカー20分前には中古スーパーソフトを履いて走行を再開した。終了5分前、直前にターン9で飛び出し、ピットに戻って来たケビン・マグヌッセンが、再びコースに出ようとしたところ、「クルマを止めろ」という指示が飛んだ。毎戦のように起きるタイヤの装着ミスが、今回はハースに起きたようだ。

 FP1同様、このセッションもハミルトン、ボッタスが1-2。ベッテル、リカルド、フェルスタッペン、キミ・ライコネンが続き、4番手のリカルドまでが1分4秒台に入った。7、8番手はロマン・グロージャン、マグヌッセンのハース勢が占め、ガスリー、ストフェル・バンドーンが9、10番手という結果だった。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します