現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1オーストリアGP FP1:アップグレード投入のメルセデスがトップ、ガスリーは10番手

ここから本文です
スポーツ 2018.6.29

F1オーストリアGP FP1:アップグレード投入のメルセデスがトップ、ガスリーは10番手

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 不安定な天候が予想されるオーストリアGPの週末。初日も朝から鉛色の雲が垂れ込めていたが、FP1の始まる午前11時には青空も見え始めた。気温19℃、路面温度25℃、微風のコンディション。セッション中の降水確率は、60%と比較的高めだ。 

 前戦フランスGPでレース中にパワーロスを訴えたカルロス・サインツJr.が、セッション前にターボを交換。サインツを含むルノーとマクラーレンのストフェル・バンドーンは、MGU-K、エナジーストアなどを交換。ただしフェルナンド・アロンソとレッドブル2台は、以前の仕様のまま走っている。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 一方でルノーはこの週末から、予選時にエキストラパワーを発生する『パーティモード』を、カスタマーを含む全3チームの6台に導入したことを発表した。前戦フランスGPでワークスルノーのみがテストし、性能と信頼性確認ができたということのようだ。

 開始後33分。ピットロードを走行中のセバスチャン・ベッテルの目の前に、ストフェル・バンドーンがガレージから飛び出し、あわや衝突しそうに。そのバンドーンは高い縁石に乗り上げた衝撃でノーズにひび割れが入り、緊急ピットイン。直後にはピエール・ガスリーも、フロントウィングのパーツを飛ばしている。

 雨が降る前にということなのだろう、セッションが始まってすぐの時点から各車積極的に周回を重ねる。1セット目を返却する開始後40分の時点で、すでにブレンドン・ハートレーは21周をこなしている。首位はスーパーソフトのルイス・ハミルトン。ソフトを履いたダニエル・リカルドが、0.046秒差の2番手タイムだ。

 セッション後半にウルトラソフトに履き替えたハミルトンは、正午過ぎに1分4秒839を記録。バルテリ・ボッタスもすかさず1分4秒966のタイムで、2番手に付けた。首位から0.233秒差でマックス・フェルスタッペン3番手。ベッテルはさらに0.1秒落ちで4番手。リカルド、ライコネンと続いて、中団勢トップの7番手には、ロマン・グロージャンが付けた。

 メルセデスの2台以外は、1分5秒台を切ることができなかった。メルセデスはフランスGPでパワーユニット改良版を持ち込んだのに続き、今週末は大幅な車体アップグレードを投入。その効果が、早々に出たということか。

 トロロッソ・ホンダは、旧仕様のパワーユニットで走行したガスリーが10番手。フロアやウイングなど新たな空力仕様を試したハートレーは、20台中最多の45周をこなしたものの、首位ハミルトンから約2秒落ちの19番手に留まった。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します