現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 「何の制約もなくGT-Rを作ったら」。ニッサン×イタルデザインによるGT-Rプロトタイプ公開

ここから本文です
スポーツ 2018.6.29

「何の制約もなくGT-Rを作ったら」。ニッサン×イタルデザインによるGT-Rプロトタイプ公開

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日産自動車は6月29日、イタリアの名門デザイン会社『イタルデザイン』と共同開発したプロトタイプ車両『Nissan GT-R50 by Italdesign』を公開した。

 2018年モデルのニッサンGT-R NISMOをベースに作られたプロトタイプは、GT-Rとイタルデザインがそれぞれ誕生から50周年を迎えたことを記念して作られたもので、『何の制約もなくGT-Rをつくったらどうなるだろう』という発想から製作されたという。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

 イタルデザインはジョルジェット・ジウジアーロ氏が率いるデザイン会社で、これまでにトヨタやアルファロメオ、ブガッティ、ランボルギーニなど数多くの自動車メーカーとタッグを組んで斬新なデザインのクルマを世に送り出している。

 今回発表されたプロトタイプの開発、設計、製造はイタルデザインが担当。インテリアとエクステリアのデザインは日産デザインヨーロッパ、日産デザインアメリカが担当した。

 エクステリアで目を引くのはマシンの随所に使用されたゴールドのパーツ。特にフロントグリルを縁取る形で使用されたゴールドのインナーパネルは引き締まった印象を与える仕上がりだ。

 またGT-Rの特徴でもある丸型テールライトは、空洞を囲む細いリング状のデザインとなっており、トランク周りのデザインと相まって、まるでテールライトが浮いているかのような仕上がりに。リヤ全体がゴールドの配色になっていること、リヤウイングが可変式になっていることもあり、全体的に力強さを感じさせる。

 インテリアはセンターコンソール、インストパネル、ドアの内張りに2種類のカーボンファイバーを採用し、シートには黒のアルカンターラとイタリアンレザーが使われ、高級感を演出。またスイッチ類などにもアクセントとして外装と同じくゴールドが散りばめられている。

 デザインだけでなく、マシンのパフォーマンスも注目のポイントだ。エンジンはニッサンGT-RニスモGT3の経験が活かされ、手作業で組み立てられた3.8リッターのV型6気筒VR38DETTエンジンを搭載。GT3譲りの大容量・大口径ツインターボチャージャーを大型インタークーラーなどを搭載している。

 また、耐久性の高いクランクシャフトやピストン、コネクティングロッドなどを採用したほか、カムシャフト、イグニッション、給排気系も専用に改良されており、最高出力720馬力、最大トルク780N・mを発生させるという。

 ニッサンでグローバルデザインを担当する専務執行役員のアルフォンソ・アルバイサは「このモデルは次期型のGT-Rではありません。日産の技術力と日本のデザイン、そしてイタリアのコーチビルディングを結集して、両社の50周年を刺激的にクリエイティブな形で祝福したものなのです」とコメントしている。

「これは2つの大きな瞬間が交差するまたとない機会でした。自動車業界に大きな足跡を残してきたイタルデザインが50周年を迎え、ワクワクさせる興奮を生み出し続けてきた日産のGT-Rも50周年を迎えます。この2つの瞬間を祝うため、日産とイタルデザインは本プロトタイプを生み出しました」

 なお、このプロトタイプ車両『Nissan GT-R50 by Italdesign』は2018年7月にヨーロッパで実車が初公開されるとのことだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します