現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ホンダ、鈴鹿8耐の参戦体制発表。Team HRCはレッドブルをパートナーに迎え、中上貴晶を起用

ここから本文です
スポーツ 2018.6.28

ホンダ、鈴鹿8耐の参戦体制発表。Team HRCはレッドブルをパートナーに迎え、中上貴晶を起用

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ホンダは、FIM世界耐久選手権(EWC)最終戦“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース第41回大会に参戦する主なチームの体制を発表した。


 2018年シーズンから10年ぶりに全日本ロードレース選手権のJSB1000クラスに参戦しているワークスチーム「Team HRC」は、鈴鹿8耐では新たなパートナーにレッドブルを迎え、「Red Bull Honda with 日本郵便」として参戦するという。マシンはCBR1000RR SP2をベースとしたワークスマシン「CBR1000RRW」を投入し、ライダーには高橋巧に加え、MotoGP参戦中の中上貴晶、世界スーパーバイク選手権に参戦中のレオン・キャミアを起用する。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

 EWC参戦中の「F.C.C. TSR Honda France」は、レギュラーのフレディ・フォレイ、ジョシュ・フック、アラン・テシェの3名体制。第2戦ル・マン24時間を含め2勝をあげている同チームは、日本の耐久チームとしては初となるEWC年間チャンピオンを目指す。


 昨年9年ぶりに鈴鹿8耐に参戦したMORIWAKI RACINGは、「KYB MORIWAKI MOTUL RACING」として、ライダーに昨年同様、高橋裕紀、清成龍―、ダン・リンフットの3名を起用し参戦。

 これまでに3度の鈴鹿8耐優勝経験を持つ「MuSASHi RT HARC-PRO. Honda」は水野涼、8耐で表彰台獲得経験のあるドミニク・エガーター、パトリック・ジェイコブセンの新体制で臨む。

 Team HRCから全日本ロードレース選手権に参戦中の高橋巧は、ワークス復帰についての強い思いを、ホンダのプレスリリースに語った。

「今年念願のワークスチームが鈴鹿8耐に復活し、そのワークスチームから参戦できることを、大変うれしく思っています。全日本ロード前半戦の経験を活かしながら8耐に向け上手くマシンの熟成を進められてきていると思います。ここ数年8耐の成績は、優勝から離れています。ワークスチームが復活した以上は勝たなければならないので、王者奪還を目指して頑張ります」

 昨年も鈴鹿8耐に参戦したものの、転倒などもあった中上は優勝を目指すとコメントを寄せた。

「10年ぶりに復活したHondaワークスで鈴鹿8耐に参戦できることをライダーとして、またHondaファミリーの一員としてうれしく思っています。優勝できる体制であり、マシンのポテンシャルも感じられましたが、それ以上にチームスタッフの優勝へのこだわりが伝わってきました。鈴鹿8耐優勝の奪還は全てのHondaの皆さんが望んでいることだと改めて感じています。昨年は残念ながら4位という結果に終わってしまいましたが、ワークスで参戦する以上は3人で力を合わせ、優勝を目指します」

 現在、鈴鹿8耐はYAMAHA FACTORY RACING TEAMが3連覇中。ホンダにとっては4連覇を阻止するためにも負けられない戦いとなる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Motorsport Network.)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します