現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【トロロッソ・ホンダ/ガスリー密着コラム】懐かしの人物との再会に喜び。ガスリーと本田家の意外な関係

ここから本文です
スポーツ 2018.6.28

【トロロッソ・ホンダ/ガスリー密着コラム】懐かしの人物との再会に喜び。ガスリーと本田家の意外な関係

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年、ホンダF1はトロロッソと組んで新しいスタートを切った。新プロジェクトの成功のカギを握る期待の新人ピエール・ガスリーのグランプリウイークエンドに密着し、ガスリーとトロロッソ・ホンダの戦いの舞台裏を伝える。
 
──────────────────────────────

 自身がF1フル参戦した最初の年に、9シーズンぶりに自国フランスGPが復活した。それだけにこのレースに賭けるピエール・ガスリーの思いは、他のグランプリよりはるかに強かったはずだ。しかしその期待は、果たせずに終わってしまった。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

 4本の長いストレートを備えるポール・リカールは、いわゆるパワーサーキットの範疇に入る。とはいえ直線スピードとトラクションに優れる今季のトロロッソ・ホンダのパッケージなら、さほどの困難は感じないはずだった。実際、初日フリー走行はトップ10前後の速さを安定して披露できたが、二日目に入って突然失速してしまう。

 Q1は順当に10番手タイム。Q2もセッション終盤まで11番手に留まっていたが、チェッカー間際にザウバーのシャルル・ルクレールらにばたばたと先行され、14番手に終わった。

「長いストレート、特にセクター2で全然伸びなかった」のが原因だったと、不満を漏らすガスリー。となるとパワーユニットの不具合、あるいはエネルギーマネージメントがうまく行かずに、回生エネルギーが切れてしまった可能性もあった。

 しかし田辺豊治ホンダF1テクニカルディレクターは、「データ上、不具合は出ていないし、デプロイの問題もなかった」と断言。同時に「車体側とも連携して、解明していきます」と、パッケージ全体の問題の可能性も示唆していた。

 それでも決勝レースはしっかり走り切れば、ロングランペースは悪くなかっただけに、ポイント獲得は十分に可能だった。しかしスタート直後、ロマン・グロージャンがエステバン・オコンに接触し、それによって順位を下げたオコンとガスリーがターン3でぶつかってともにリタイヤという、地元フランス人3人が絡む最悪の結果に終わってしまった。

「突然エステバンが、インに寄せてきた。おそらく僕を見てなかったんだろうね。僕には何もできなかった」と、言葉少なに語るガスリー。

 ともにフランス西部で生まれ育ったガスリーとオコンは、カート時代からの大の仲良し。そもそもサッカー少年で、ジダンを崇拝していたガスリーがカートを始めたのも、オコンの父親の薦めだった。今回の事故で二人の信頼関係が揺らぐはずもないが、ガスリーにとっては少しでも早く忘れたいレースになってしまった。


 しかし、意外な人物とのうれしい再会もあった。その人物とは無限(現M-TEC)の創業者である本田博俊さんである。それについてはガスリーのパパ、ジャンジャックが熱弁を振るってくれた。

「なぜかわからないけど、スーパーフォーミュラ時代からムッシュ・ホンダがうちの息子のことをすごく気に入ってくれてね。確かモテギだったと思うけど、わざわざサーキットまで会いに来てくれたんだ。そしたらそのあと、私と妻も夕食に誘ってくれてね」

 自身も若い時にツーリングカーやラリー、耐久レースを戦ってきたジャンジャックにとって、本田宗一郎もその息子も、文字通り雲の上の存在だった。そして実際に博俊さんに会ってみて、その人柄の素晴らしさにいっそう感銘を受けたという。

「人間としての器量というのか、とにかく大きな人だよ。たとえ彼が本田博俊と知らなくても、会った瞬間に魅了される。そんな人なんだ」

 今回のフランスGPでも再会を喜び合ったガスリー家の面々。
「実はいまだに、彼がどうしてピエールをそんなに気に入ってくれてるのか、よくわからない。でも彼の評価に恥じない活躍をしなきゃって、ピエールとも話してるよ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します