現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > メルセデス首脳「いまや3社のパワーユニットがほぼ互角」と自身の優位性を否定

ここから本文です
スポーツ 2018.6.28

メルセデス首脳「いまや3社のパワーユニットがほぼ互角」と自身の優位性を否定

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 メルセデスはF1フランスGPでパワーユニットのアップグレードを導入、ライバルたちをしのぐ速さを見せ、ルイス・ハミルトンがポール・トゥ・フィニッシュを成し遂げた。しかしメルセデス・モータースポーツのボス、トト・ウォルフは、現状でメルセデス、フェラーリ、ルノーのパワーユニットは同等の力を持っているとして、シーズン最後まで気を抜くことはできないと語った。

 フランスでメルセデスはアップグレード版パワーユニット“フェーズ2.1”を投入したが、FP2ではバルテリ・ボッタス車に水漏れが発生。フォース・インディアのセルジオ・ペレスは水圧の低下で決勝をリタイアした。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 決勝直後、ウォルフは、ボッタスのトラブルの原因についてはすでに特定しているが、ペレス車については詳細な調査が必要だと述べた。

 いまやメルセデスが圧倒的優位な立場ではないとするウォルフは、信頼性の問題をなくしつつ性能を上げることが、パワーユニット同士の戦いのなかで重要になってくると語った。

「(どのエンジンがベストなのか)評価するのは非常に難しい」とウォルフ。

「予選のデータを見ると、ストレートで最速なのは(フェラーリの)キミ(・ライコネン)だった。だが彼は他とは異なる空力セッティングで走っていた」

「3つのパワーユニット、つまりルノー、フェラーリ、そして我々は今、ほとんど差がないと思う。信頼性を損なうことなくパフォーマンスを向上させることが重要だ。難しいがそれをうまくやる必要がある。そういう戦いがシーズン最後まで続くだろう」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します