現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > MotoGPオランダGPプレビュー:好調のロレンソは3連勝なるか?中上はMoto2初優勝の地で上位入賞に期待

ここから本文です
スポーツ 2018.6.28

MotoGPオランダGPプレビュー:好調のロレンソは3連勝なるか?中上はMoto2初優勝の地で上位入賞に期待

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今週末、オランダのTTサーキット・アッセン(サーキット・ファン・ドレンテ)でMotoGP第8戦オランダGPが開催される。オランダGPはMotoGPシリーズ中、最も歴史のあるグランプリ。1954年以降、現在のアッセンを舞台に開催されており、2015年までは土曜日に決勝レースが開催されるスケジュールだったが、2016年から、他のグランプリと同様に日曜日決勝に変更となった。

 もともと公道コースをベースに発展してきたアッセンは、ライダーにとってチャレンジングなテクニカルコースとして知られてきたが、安全性向上のため、2006年にコースが大きく改修され、左コーナー6、右コーナー12の1周4.555kmとなった。その後、何度か小さなコース改修が行なわれているが、右左と高速コーナーが連続する、ライダーにとって攻略が難しいテクニカルサーキットというキャラクターに変わりはない。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

 そして、アッセンのレースを難しくするのが、ダッチウェザーと呼ばれる不安定な天候だ。3日間のセッションの中、例年、必ず雨が降り、しかも、短い時間で天候が急変する場合が多く、ライダーたちの戦いをより難しくする要素となっている。

 昨年のMotoGPクラスの決勝中も中盤に雨が落ち始め、26周のレースの19周目にホワイトフラッグが掲示され、マシン乗り換えが可能となった。バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)、ダニロ・ペトルッチ(ドゥカティ)、マルク・マルケス(ホンダ)、ヨハン・ザルコ(ヤマハ)のトップ集団の中からザルコひとりがマシンの乗り換えを選択するが、路面が完全にウエットとなることはなく、終盤はロッシとペトルッチのふたりによるトップ争いが展開。ロッシが僅差で勝利、2位にペトルッチ、3位にマルケスが入賞した。

 Moto2クラスの決勝も途中で雨が落ち始めたことを示すレッドクロス旗が掲示されたが、ウエットとなることはなく、フランコ・モルビデリ(カレックス)が優勝、トーマス・ルティ(カレックス)が2位に入賞。最終ラップまで続いた3番手争いは、マティア・パッシーニ(カレックス)、中上貴晶(カレックス)、ミゲール・オリベイラ(KTM)の3人が争い、パッシーニが前でゴールしたが、最終ラップのシケインでショートカットしており、ペナルティで降格。中上は3位表彰台を獲得した。

 Moto3クラスはドライコンディションで争われ、10台前後の集団によるトップ争いが終盤まで展開され、アロン・カネト(ホンダ)が優勝、僅差の2位にロマーノ・フェナティ(ホンダ)、3位にジョン・マクフィー(ホンダ)が入賞した。
 イタリアGP、カタルーニャGPとホルヘ・ロレンソ(ドゥカティ)が連勝を飾り、勢力図に変化が起こりかけているMotoGPクラス。

 前戦カタルーニャGPで2位に入賞したマルク・マルケス(ホンダ)がランキングトップをキープ。カタルーニャGPで3位に入賞したバレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)が27ポイント差のランキング2位に続き、イタリアGP、カタルーニャGPと表彰台争いに加わることはできなかったものの、コンスタントに上位入賞を続けるマーベリック・ビニャーレス(ヤマハ)がロッシと11ポイント差のランキング3位につけ、カタルーニャGP終了時点でトップ3のランキングに大きな変化はなかった。

 ランキング4位以下は接戦。ヨハン・ザルコ(ヤマハ)がランキング4位に浮上、ビニャーレスとのポイント差を4ポイントに縮めた。ザルコから2ポイント差のランキング5位にダニロ・ペトルッチ(ドゥカティ)、ペトルッチから2ポイント差のランキング6位にカル・クラッチロー(ホンダ)が続く。

 そして、イタリアGPでドゥカティでの初優勝を飾り、続くカタルーニャGPと2連勝したロレンソがクラッチローと3ポイント差のランキング7位に浮上。オランダGPではロレンソがこの好調さを維持して一気にランキング上位に浮上するかに注目が集まる。

 さらにロレンソと同ポイントでランキング8位のアンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)、ランキング9位のアンドレア・イアンノーネ(スズキ)が並んでいる。

 過去5年間のオランダGPではロッシが2013年、2015年、そして昨年と最多の3勝を記録している。マルケスは2014年に1勝、2位3回、昨年は3位とMotoGPクラス昇格以後、参戦した全戦で表彰台を獲得している。

 不安定なダッチウェザーゆえ、オランダGPは荒れた展開になるとインディペンデントライダーにもチャンスがあり、2016年にはジャック・ミラー(ドゥカティ)が優勝、昨年もペトルッチが2位に入賞している。

 中上貴晶(ホンダ)は前戦カタルーニャGPで、MotoGPクラスでは初の転倒リタイアを喫し、ノーポイントに終わったが、ランキング19位をキープ。Moto2時代には2016年にグランプリ初優勝を達成、昨年も3位表彰台を獲得したアッセンでの活躍に期待が高まる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します