現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ルノー、F1中団チーム争いをリード? フォースインディア「今、彼らを追い越すのは難しい」

ここから本文です
スポーツ 2018.6.27

ルノー、F1中団チーム争いをリード? フォースインディア「今、彼らを追い越すのは難しい」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フォースインディアは、中団チームのトップであるコンストラクターズランキング4位のルノーを倒すことを目標としているが、今はそこに追いつくのは難しいと認めている。


 フランスGPでは、ルノーはカルロス・サインツJr.がMGU-Kのトラブルに見舞われつつも、8位でフィニッシュ。ニコ・ヒュルケンベルグが9位となり、これで2台が3戦連続でポイントを獲得した。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 一方のフォースインディアが2台とも完走できなかったのは、ほぼ2年ぶりだ。エステバン・オコンはオープニングラップでピエール・ガスリー(トロロッソ)と接触。フランス人同士で揃ってリタイアとなってしまった。セルジオ・ペレスもトラブルによりピットでレースを終えた。エンジンサプライヤーのメルセデスは、ペレスのパワーユニット(PU)に水圧低下があったと認め、後にウォーターポンプからの水漏れが確認された。ただすぐにマシンを止めたため、PUにはダメージがなかったようだ。


 現在、ルノーは62ポイントを獲得しコンストラクターズランキング4位。シーズン序盤好調だったマクラーレンは40ポイントで5位、フォースインディアは28ポイント獲得し、ハースを1ポイントリードする6位となっている。

「現実的に、今は5位を争っているところだ」と、チーム副代表のボブ・ファーンリーはmotorsport.comに語った。

「現時点で、どの中団チームにとってもルノーを追い越すのは非常に難しいと思う。不可能なことはないが、彼らはかなり強力だ」

「彼らは基本的に、昨年我々がやっていたのと同じことをやっている。他の人がポイントを取り損なっている時に、着実にポイントを積み重ねるんだ。今シーズン前半の我々は、おそらくポイント獲得が難しいマシンでうまく戦った。そして今は、定期的にポイントが獲れるようなマシンになった」

 フォースインディアは、ここ数シーズン非常に高い完走率を誇っている。2台が共にレースをフィニッシュできなかったのは、2016年のオーストリアGP以来だ。ペレスがファイナルラップでクラッシュ、当時チームに在籍していたヒュルケンベルグがラスト5周でマシンを降りており、共に完走扱いとなっている。2台ともに正式にリタイア扱いとなったのは、2015年ハンガリーGPまで遡る。

「本当に残念だ」とファーンリーは話した。

「今回は特に、金曜日が良くなかった。エステバンがFP1でスピンし走行時間をかなり失ったため、ロングランプログラムを行うことができなかった。そしてFP2では、チェコ(ペレスの愛称)のマシンからホイールが脱落するというインシデントが起きてしまった。これにより、何が起きたのかが分かるまで2台を走らせることができなかった」

「FP3は雨が降ってしまったため、予選に向けてセットアップができなかった。だから、決勝に関してはもっと悪化してしまったんだ」

「(決勝は)想像以上に不運だった。エステバンは(ハースのロマン)グロージャンに当てられ、そのあとにガスリーと接触した。3人ともフランス人だ!」

「グロージャンは、ピットストレートで彼に当ててきて、これでマシン側面に大きなダメージを負った。それからかなり大きなクラッシュが起きてしまった。多くのポイントを失ったという点で痛かった」

「チェコは水圧を失っていたので、チャンスがなかった。一旦それが分かったら、もうレースをする意味がない。最終的にはエンジンを失ってしまうからだ。今回は、間違いなくダメージを受けてない。大丈夫だ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Adam Cooper)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します