現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ルノー、信頼性が向上した”待望”のアップグレード版MGU-Kをオーストリアで投入へ|F1ニュース

ここから本文です
スポーツ 2018.6.26

ルノー、信頼性が向上した”待望”のアップグレード版MGU-Kをオーストリアで投入へ|F1ニュース

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ルノーは、2017年から導入が延期されていたMGU-Kのアップグレードを、次戦オーストリアGPで導入。カスタマーのレッドブル、マクラーレンもこれを使用できるようだ。

 2017年シーズンに向けて、パワーユニット(PU)の仕様を一新したルノーだが、シーズンオフのテストでトラブルが続発。このトラブルはMGU-Kの構造に原因があり、旧仕様のMGU-Kを使用することを余儀なくされていた。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

 信頼性や重量の問題で、何度も導入が遅れていた新仕様のMGU-Kを、今週末のオーストリアGPで全3チームが使用可能となるようだ。

 しかしルノーのマネージングディレクターであるシリル・アビテブールは、カスタマーのうち1台は旧スペックのMGU-Kを使い続けることを選ぶだろうと述べた。

 2018年のレギュレーションでは、ドライバーは1シーズンにつきMGU-Kを2基までしか使用できず、この制限を超えてしまうとグリッド降格ペナルティを受ける。ルノーカスタマーのうち、これまでで2基目のMGU-Kを投入していないのはストフェル・バンドーン(マクラーレン)のみだ。

 マクラーレンとレッドブルは、ワークスチームのルノーがレース週末を戦い、新スペックのMGU-Kの性能と信頼性を証明するまで、導入を待つ可能性がある。

「それ(新MGU-K)は、導入を望むすべてのマシンが利用できる」とアビテブールはmotorsport.comに語った。

「すべてのチームが新しいスペックを導入することを選ぶわけではないだろう」

「これは長い間待ち望まれていたものだが、一部のチームがそれを使用しないことを選ぶのはちょっとした問題だ。つまり以前の技術スペックで、信頼性のリスクが高いMGU-Kを使い続けるということだ」

「しかし我々の哲学は、すべての情報を踏まえてチームが選択したことを受け入れるということだ」

 フランスGP決勝終盤では、MGU-Kのトラブルによりカルロス・サインツJr.(ルノー)がパワーを失った。また、モナコGPではレッドブルのダニエル・リカルドもMGU-Kのトラブルに見舞われている。

「壊れやすい部分があるということは分かっていた。我々はその部分のライフを慎重に伸ばしていくことを決めた。なぜならパフォーマンスが向上し、パッケージングと信頼性が改善された新しいスペックのMGU-K導入が近いことが分かっていたからだ」とアビテブールは述べた。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Adam Cooper)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します