現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【ニュル24時間】雨の夜に見せたSUBARUの速さ、そのワケはAWD

ここから本文です
スポーツ 2018.5.16
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

5月13日にゴールを迎えた第46回ニュルブルクリンク24時間耐久レースにおいてSP3Tクラス優勝を果たした市販車ベースのレースカー「SUBARU WRX STI NBR CHALLENGE 2018」。レースの序盤と終盤のトラブルで合計2時間近くをピット作業にあてながらも、クラス2位のVW「ゴルフ」に13周もの大差をつけて勝ったことは驚きとしか言いようがない。

現地でSUBARU(スバル)のマシン(WRX STI)の活躍を見て感じたのは、雨の夜という悪条件下の速さ。(レスポンス)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • jun*****|2018/05/16 12:19

    違反報告

    1周のタイム差は、1秒?1分?
    どっち?
  • ken*****|2018/05/16 12:29

    違反報告

    いや、一分の間違いだろう?そこは間違えちゃいけないよ。きちんとチェックしなきゃ。
  • nor*****|2018/05/16 12:22

    違反報告

    スバルといえば四駆だけど、このマシンと同じ駆動方式(DCCD式AWD)の車種はWRX STIだけなんだよね。下位のインプレッサにDCCD式AWDと2LターボのSTIを用意してくれれば喜んで乗り換えるんだけど。現状、次の車となると欧州車しかない。ハッチ好きのGRB乗りより