現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ブラック・ファルコンAMG GT3がニュル24時間予選レースを制す。スバルはリタイアに

ここから本文です
スポーツ 2018.4.17
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ニュルブルクリンク24時間レースの予選レースが4月15日、ドイツ・ニュルブルクリンクで行われ、6時間のタイムレースでメルセデスAMGチーム・ブラック・ファルコンの5号車メルセデスAMG GT3(イェルマー・ブールマン/トーマス・イエーガー/ヤン・セイファース組)が優勝を飾った。日本勢はTOYOTA GAZOO Racingの56号車レクサスLCが総合18位、SP3Tクラスに参戦するスバルテクニカインターナショナルの90号車スバルWRX STIは駆動系トラブルによりリタイアとなっている。

“世界一過酷なレース”“世界一の草レース”の異名を持つニュルブルクリンク24時間。(AUTOSPORT web)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く