現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1にオーバーテイク機会を増加させる対策は必要か? マクラーレンらが懸念示す

ここから本文です
スポーツ 2018.4.17
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 いくつかのF1チームは、2019年までにオーバーテイクの機会を増加させる施策を採用したければ、エアロダイナミクスのレギュレーションの変更内容を今後数週間のうちに確定させなければならないだろうと推測している。

 レース中のオーバーテイクの回数が少なかった2018年オーストラリアGPの後、パリで開かれたF1ストラテジーグループ会議でそのことが話題となった。そしてバーレーンGPでもFIAとF1チーフテクニカルオフィサーであるパット・シモンズ、さらに各チームの技術代表が話し合いを行った。(motorsport.com 日本版)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く