現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > FIA F2の2018年型車両がシェイクダウン「F1マシンに近づいた」。福住仁嶺も参加

ここから本文です
スポーツ 2018.2.15
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 FIA F2(旧GP2)は2月14日、フランスのマニクール・サーキットで2018年導入の新型マシンをシェイクダウンした。

 FIA F2は、この2018年シーズンから車両を一新。シャシーはダラーラ製でワイド&ローになったリヤウイングやドライバー保護システム“ハロ”の採用など、最新F1マシンのデザインが踏襲されている。エンジンについてはメカクローム製の3.4リッターV6シングルターボが搭載される。

 今回のテストは参加した10チームに各1台の新型マシンが供給される形で行われ、信頼性チェックとともにチームがマシンの扱い方を学ぶ場となった。(AUTOSPORT web)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く