現在位置:carview! > ニュース > スポーツ > 豪ワールドソーラー耐久はオランダのヌオンが優勝、日本の東海大は4位

ここから本文です
スポーツ 2017.10.13
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

“フライングダッチ”、オランダのヌオン・ソーラーチームの「ヌーナ9」が12日、オートラリア、アデレード市のヴィクトリア広場のフィニッシュラインを横切り、2017年ブリヂストン・ワールド・ソーラー・チャレンジの勝者となった。

隔年で開催されるソーラーカーの耐久レースは8日、オーストラリア北岸のダーウィンを出発して大陸を縦断、3000km以上を走破して南岸のアデレードに到達した。今回が初の開催から30周年の記念の年である。(レスポンス)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く