現在位置:carview! > ニュース > スポーツ > 【ダカール2017】大会をほぼ完全制圧してのプジョー1-2-3…首脳語る「誇りに思える結果」

ここから本文です
スポーツ 2017.1.16
  • みんカラ つぶやく

現地14日に終了した「ダカール ラリー 2017」(開催国は南米のパラグアイ、ボリビア、アルゼンチン)。2年連続となる4輪総合優勝を1-2-3フィニッシュの圧勝で飾ったプジョー勢の面々が、喜びの声を寄せている。

かつて1987~90年、アフリカ開催時代のダカール ラリーで4連覇を成し、最強を誇ったプジョー。当時のドライバーにはアリ・バタネンやユハ・カンクネンがおり、現在はFIA会長であるジャン・トッド(後年のフェラーリF1監督)が指揮を執っていたことでも知られる。(レスポンス)

ジュネーブショー特集 注目の世界初公開車が集合

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く