現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > ホンダが新型スーパースポーツ「CBR1000RR-R FIREBLADE」他、コンセプトモデル「CB4X」を発表

ここから本文です
モーターショー 2019.11.6

ホンダが新型スーパースポーツ「CBR1000RR-R FIREBLADE」他、コンセプトモデル「CB4X」を発表

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホンダは、11月5日からイタリア・ミラノで開催される世界最大級の二輪モーターショー、「EICMA 2019」において、欧州向け2020年モデル3車種とコンセプトモデルを発表しました。

中でも世界初公開となる注目車が、ホンダスーパースポーツの最高峰モデルとして3年ぶりのフルモデルチェンジとなる「CBR1000RR-R FIREBLADE(ファイヤーブレード)」と、そのサーキット仕様の「CBR1000RR-R FIREBLADE SP」です。

    無限パーツを装着したシビック タイプRに試乗。サーキット初心者向けの品揃え

先代モデル「CBR1000RR」の最後に「R」がひとつ増えたニューモデルは、MotoGPワークスマシンのRC213Vで培われた技術が注入され、サーキットでも高いポテンシャルを発揮するモデルとなっているといいます。

エンジンは新設計の1000cc水冷直列4気筒で、軽量化と高回転化を図るため、チタンコンロッドやアルミ鍛造ピストン等の部品を採用し、最高出力160kW/14500rpmを発揮します。

メインフレームはアルミ製ダイヤモンドフレームを採用。同時に、より安定感を得られる車両設計と空力特性を追求したとのことです。フロントブレーキには対向4ポッドラジアルマウントタイプを採用。リアホイールは新設計で軽量化が図られています。

サーキット走行性能を強化したSPモデルには、フロントキャリパーはブレンボ社製を採用する他、電子制御式のフロントフォーク、リアサスペンションはオーリンズ製となっています。

他にも欧州コミューターモデルとして人気の「SH125i」と「SH150i」のフルモデルチェンジ、クルーザーモデル「Rebel 500」のマイナーチェンジが発表され、その内、「CBR1000RR-R FIREBLADE」、「CBR1000RR-R FIREBLADE SP」、「Rebel 500」は、日本での販売を予定しているとのことです。

また、コンセプトモデルとしては、CBR650Rのエンジンを搭載したクロスオーバースタイルの「CB4X」を初披露。フロントカウルから燃料タンクまで一体感のあるデザインと、アルミ製のサブフレームによって短くシャープなリアスタイルは、躍動感を強く感じさせるもので、スポーツツーリングモデルとしてのポテンシャルを感じさせます。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(carview! 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します