現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > フォード、SEMAショーにF-150やマスタングのカスタマイズドカーなど50台以上を大量投入

ここから本文です
モーターショー 2019.11.5

フォード、SEMAショーにF-150やマスタングのカスタマイズドカーなど50台以上を大量投入

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米フォード・モーターは、11月5日より米ラスベガスで開催されるSEMAショーに出展する「F-150」や「マスタング」などのカスタマイズドカーを発表した。

「F-150ラリアット・スポーツクルーキャブ」は、フォードパフォーマンスのキットを多数奢られ、ラフロードを軽々と乗り越えられる仕様。ブラックの22インチホイールを履く足回りは、リフトアップキットにより走破性が高められ、3.5Lエコブーストはボーラ製キャットバックエキゾーストを装着したことで野太いサウンドを奏でる。

    国内販売決定したTOYOのオフロードタイヤでドロドロコースを試乗

コーヒーショップチェーン「ブラックライフル・コーヒー」とコラボしたのは「F-150 XLTスーパークルーFX4」。車体にはミリタリーテイストのラッピングが施され、BDS製6インチリフトアップキット、ウォーンインダストリー製のウインチ付バンパー及びフェンダーフレア、さらにはルーフの固定式LEDライトでワイルドに仕立てられている。

印象的なベージュカラーでコーディネートされたのは「DRAGG F-150ラリアット・スポーツ・スーパークルー4×4」。TVS製スーパーチャージャーで過給を受けるほか、ショックアブソーバーやブレーキもレース仕様にアップグレード。サイドステップやLEDライト付バンパーなどもサプライヤーのオリジナルアイテムが奢られる。

5.0L V8を積むマスタングGTを迫力満点に仕上げたのは「カリフォルニア・ポニーカー・マスタングGTファストバック」。地面すれすれのフロントチンスポイラー、サイドスカートなどは、ギリギリのラインを攻めており、街で注目を集めることは間違いない。

フロントタイヤのネガキャンが目を引くのは、「グッドガイズロッド・アンド・カスタムアソシエーション・マスタングコンバーチブル」。現代のマッスルマシンを具現化するというテーマに沿って、フロントフードのストライプやカーボン製コンバーチブルロールフープなどでドレスアップされている。

これらを含め、ショーには50台以上のフォード車が出展されるという。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(carview! 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します