現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > ダイムラーの大型トラック、新世代ディーゼルエンジン搭載へ…北米商用車ショー2019

ここから本文です
モーターショー 2019.11.1

ダイムラーの大型トラック、新世代ディーゼルエンジン搭載へ…北米商用車ショー2019

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイムラー(Daimler)は10月28日、米国アトランタで開幕した北米商用車ショー2019において、傘下のフレートライナーの大型トラックに、新世代のディーゼルエンジンを搭載すると発表した。

この新世代のディーゼルエンジンは、ダイムラー傘下の米国の商用車メーカー、フレートライナーの『カスケーダ』に搭載される。同じく、ダイムラーの傘下にある米国のデトロイトディーゼル社が開発し、「デトロイトDD15 Gen 5」エンジンと呼ばれる。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

デトロイトDD15 Gen 5エンジンは、排気量が14.8リットルだ。最大出力は400~505 hp、最大トルクは214~242kgmを引き出す。2021年以降、カスケーダをはじめ、米国のクラス8セグメントの大型トラックに搭載される予定だ。

このエンジンでは、燃費の向上とCO2排出量の削減を追求した。ダイムラートラックのグローバルプラットフォーム戦略に沿って、このエンジンはメルセデスベンツブランドのトラックにも搭載される、としている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 森脇稔)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します