現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > ZFの電動アクスル、ダイムラー傘下のEV大型トラックに採用…北米商用車ショー2019

ここから本文です
モーターショー 2019.11.1

ZFの電動アクスル、ダイムラー傘下のEV大型トラックに採用…北米商用車ショー2019

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ZFは10月28日、米国アトランタで開幕した北米商用車ショー2019において、ダイムラー傘下のフレートライナーブランドのEV大型トラック、『eカスケーダ』に、ZFの「AxTrax」が採用された、と発表した。

eカスケーダには、最大出力730hpを発生するモーターを搭載する。バッテリーは蓄電容量550kWhと大容量だ。この効果で、1回の充電での航続は、最大400kmに到達する。バッテリーは容量の8割(約320km走行分)を充電するなら、90分以内に済む。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

eカスケーダは、2021年から量産を開始する予定だ。このeカスケーダに、ZFのAxTraxが採用された。

AxTraxは、ZFの電動アクスルだ。後輪駆動のEV、ハイブリッド車、燃料電池車向けに開発された。ZFは、AxTraxが最大限の性能と最小限のノイズで、ゼロエミッション駆動をサポートする、としている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 森脇稔)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します