現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > ZF、商用車向け車線維持システム発表…北米商用車ショー2019

ここから本文です
モーターショー 2019.10.30

ZF、商用車向け車線維持システム発表…北米商用車ショー2019

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ZFは10月28日、米国アトランタで開幕した北米商用車ショー2019において、商用車向けの車線維持システム、「OnTraX」を発表した。

調査によると、車線逸脱事故の1件あたりの平均コストは、約5万3000ドル(約580万円)。事故の32%は、ドライバーの意図しない車線逸脱が占めているという。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

ZFのOnTraXは、短距離レーダーを採用することにより、車線変更時などの安全性を高めている。車体の側面に取り付けられた短距離レーダーは、ドライバーから見えない死角を検出する。

このOnTraX を、アダプティブステアリングの「ReAX」に組み合わせると、システムは、障害物や死角を検出した場合、ドライバーに警告を発するようにプログラムできる。システムは、障害物を回避するようにプログラムすることも可能だ。

ZFは2020年、OnTraXの商用車メーカーに対する納入を開始する予定だ。ADAS(先進運転支援システム)の開発は、ZFが掲げるビジョン・ゼロのゼロ・アクシデントの実現を支援するもの、としている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 森脇稔)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します