現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > 東京モーターショー2019 “そこそこ現実的”な「近未来のクルマ・乗り物」まとめ【写真26枚】

ここから本文です
モーターショー 2019.10.29

東京モーターショー2019 “そこそこ現実的”な「近未来のクルマ・乗り物」まとめ【写真26枚】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年11月4日まで第46回東京モーターショー2019が東京・有明の東京ビッグサイト及びりんかいエリアで開催されています。

 東京モーターショーは日本国内で開催されるクルマの見本市としては最大級のイベント。国産メーカーを中心に多くの新型車やコンセプトカー、さらには「交通社会の未来の姿や技術」が披露されます。数年後から数十年後の未来のクルマ、社会はどう変わっていくのでしょう。近い未来、私たちは、あるいは私たちの子どもたちはどんな乗りもので移動しているのでしょう。

    画像26枚:全ての写真

 今回は東京モーターショー展示車の中から“そこそこ現実的”なだけにワクワクする「近未来のクルマ」「近未来の乗り物」を紹介します。

●続々登場、いろいろな「EV」

 まず、未来のクルマとしては比較的近い存在と思われるのがEV(電気自動車)です。

 「移動は全て電動の自動運転車で」という時代はまだ数十年は先ですが、EVで先行する日産「リーフ」やテスラ「モデル3」などの市販車をはじめ、いよいよその普及に向けて本腰を入れるメーカーが増えてきました。今回の東京モーターショー2019でもホンダ初の量産EV「Honda e」が日本初公開された他、マツダも同じく同社初の量産EV「MX-30」を発表しました。

 また、ほとんどの自動車メーカーのブースに何かしらの形でEVの展示があること以上に「いよいよEVの時代が来るんだな」と感じたポイントは、“EVというジャンル”ではなくなってきていることです。

 今でこそコンパクトハッチバック、セダン、SUVなどいろいろなジャンルのクルマに搭載されるようになったハイブリッドシステムですが、最初は「プリウス」や「インサイト」のように、限られたハイブリッド専用車種でのみ搭載されるもので、環境性能に特化したエコカーだけのものでした。でも、今は違います。かなり「当たり前」になりました。

 同じことがEVでも起き始めているようです。例えばマツダ「MX-30」や日産「アリア コンセプト」はSUV型のEVですし、レクサスの「LF-30 Electrified」やメルセデス・ベンツの「VISION EQS」のように高級車のEV化に向けたコンセプトカーも登場しています。

 特に驚いたのは、日産が発表した軽乗用車のEV「IMk」です。一応コンセプトカー扱いの展示ですが、「市販前提」で開発を進めているとのこと。経済性に優れた軽自動車が、その特長を持ったままEVになったら、日本でもいよいよ本格的にEVが普及する時代がやってくるのではないでしょうか。

●「パーソナルモビリティ」が普及するかも?

 続いてもう1つ、会場のあちこちで目立っていたのが「パーソナルモビリティ」と呼ばれる新しいタイプの乗り物です。

 ざっくりと言えば「1人(~2人)乗りの、自転車以外の小型の乗り物」といった意味になるでしょうか。大義では古くからある自転車も含まれますが、それに留まらない新しい移動手段・車両として、クルマに近い四輪形のものもあれば、セニアカーや車いすのようなスタイル、さらにはキックボードのようなものまで、用途によっていろいろなカタチの乗りものが今後登場してきます。電動キックボードタイプなどの一部の車種は、会場間の移動手段としても体験できました。

 都市部のちょっとした移動に便利そうな電動キックボード、高齢化社会における移動手段としての4輪タイプなど、近い将来、どこでも見かけるものになっていそうな乗り物です。

●「働くクルマ」も変わっていく

 未来のクルマはもちろん自家用車ばかりではありません。社会的にはむしろこちら。ということで「働くクルマ」も変化してきています。現実的なところでは、人手不足を解消する手段となる国産のハイブリッド連接バス「エルガデュオ」が注目を集めていました。

 これまでも輸送力アップのために連接バスを導入しているバス会社はありました。しかしそれは海外規格の車種のため、苦労して運用しているものだったそうです。そんなハイブリッド連接バスをいすゞが、日野自動車と共同開発しました。今後、路線バスなどにもこの長ーいエルガデュオを見かける機会が増えるかもしれません。

 働くクルマの自動運転は自家用車以上に注目されていて、研究や実験が進んでいます。決まったルートを走行する長距離路線の大型トラックの方が、完全自動化の実現時期は早いとも言われます。

 変わったものでは、日野の「FlatFormer」は必見。合体ロボットのようなちょっと面白いギミックがあるトラックです。

 FlatFormerは平べったい台車のような部分が本体で、積み荷に合わせてボディーを臨機応変に載せ替えて使えるという、設計自由度の高いEV+自動運転ならではの試みです。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(ねとらぼ交通課 )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します