現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > 東京モーターショー2019…主役はEV、注目は無料で楽しいフューチャーエキスポ[新聞ウォッチ]

ここから本文です
モーターショー 2019.10.25

東京モーターショー2019…主役はEV、注目は無料で楽しいフューチャーエキスポ[新聞ウォッチ]

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

気になるニュース・気になる内幕。今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析する新聞ウォッチ。…………

10月24日の開幕に先立ち、報道陣に公開された東京モーターショー2019。きょうの各紙も経済面で目玉の展示車両の写真付きで大きく取り上げている。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

各紙のタイトルを比べると、読売は「新型EV続々、国内市場視野、普及は未知数」、朝日は「日系メーカーEVずらり、超小型・SUV…国内普及期待」。毎日も「EVシフト各社注力」。さらに産経も「EV・自動運転続々と実用化、電池コスト・収益化課題」などと、電気自動車(EV)に焦点を絞った内容が際立つ。

今回、各社のブースで主役に躍り出たEVだが、紙面上では、車両写真をあれもこれも掲載することはできない。各紙をみると、読売はマツダが世界初公開した初めての量産型EV『MX-30』を1点。朝日は、でマツダのMX-30のほかに、ホンダのコンパクトEV『ホンダe』、そしてEVで先行する日産自動車の軽自動車『IMk』、さらに近未来的なイメージのコンセプトカーが並んだトヨタ自動車のブースの4点のカラー写真。

毎日も朝日同様に、ホンダeを除く3点。産経はマツダのMX-30とホンダe。変わり種は東京で、トヨタが発表したレクサスのEVのコンセプトカーと、空飛ぶバイク『スビーダー』などが展示されている「フューチャーエキスポ」(FUTURE EXPO)のカット2点。タイトルも「クルマ未来体感」としている。

また、日経は自動車をめぐる次世代技術「CASE」に踏み込んだ記事。「東京モーターショーでは、自動運転をめぐってトヨタや日産が無人駐車技術を紹介。公道での完全自動運転はまだ難しいなか、比較的規制が少なく実用化がしやすい駐車場で前哨戦を繰り広げている。今後は走行性能以外の機能も新たな競争軸になる」と伝えている。

さらに、主役のEVについても「車種に広がり」との見出しで特徴と見どころを取り上げている。今回、メディアの注目度は初披露のマツダMX-30などEVが高かったようだが、個人的にはトヨタが運営するショールーム「MEGA WEB」で開催の未来体感ゾーン「フューチャーエキスポ」は、なかなか興味深い展示も多く、無料で楽しめる。

2019年10月24日付

●東京モーターショー、新型EV続々、国内市場視野、普及は未知数(読売・8面)

●刷新フィット来年2月発売(朝日・6面)

●ローカル線寸断悲鳴、震災超える被害、「過去最大級の危機」(朝日・31面)

●経産相に進退 与党「秘書が香典」報道で(毎日・2面)

●日米貿易協定承認案、車関税めぐり攻防激化、衆院きょう審議入り(産経・5面)

●日本貿易額、米中摩擦で直撃、自動車900億円産業の6割(東京・3面)

●ソフトバンクG強気の投資岐路、ウィークに1兆円(日経・1面)

●韓国ルノー系生産半減も(日経・15面)

●走行経路、AIで効率化、トヨタなどスタートアップに出資(日経・17面)

●タカ3年連続日本一、巨人に4連勝(日経・39面)

●台風19号「車中死」が3割(日経・41面)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 福田俊之)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します