現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > 日産 中畔副社長、2台のEVは「非常に近い将来の日産の方向を示す」…東京モーターショー2019

ここから本文です
モーターショー 2019.10.24

日産 中畔副社長、2台のEVは「非常に近い将来の日産の方向を示す」…東京モーターショー2019

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日産自動車は10月23日のプレスカンファレンスで、軽自動車の電気自動車(EV)『IMk』と、SUVのEV『ARIYA(アリア)コンセプト』という次世代のEV2台を、いずれも世界初公開した。

IMkは、新開発したEVプラットフォーム(車台)に、EVならではの低重心のパッケージを採用し、軽自動車規格のコンパクトな車体サイズにまとめている。また、アリアコンセプトは2モーターで前後輪をそれぞれ駆動させる4WD(4輪駆動)システムを搭載し、卓越した発進性能のみならず、あらゆる路面での安定性や高い乗り心地を追求したという。

    日産、フェアレディZベースのコンプリートカーをSEMAショーで公開

IMkには、運転支援技術「プロパイロット2.0」を進化させた次世代の運転支援技術を搭載している。高速道路での運転支援から主要幹線道路に利用範囲を拡大し、幅広いシーンで運転をサポートできるようにする。さらに、クルマが無人の状態で自ら駐車スペースを探して自動で駐車し、必要な時にドライバーがスマートフォンで呼ぶと迎えに来てくれる「ドライバーレスバレーパーキング」機能などの先進技術も搭載した。

また、アリアコンセプトには、「プロパイロット2.0」を搭載。目的地に到着した後は「プロパイロット リモートパーキング」をスマホや専用デバイスで操作し、クルマを自動駐車させる機能も新たに採用している。

グローバル研究開発を担当する中畔邦雄副社長は、同日のプレスカンファレンスで「EVのパイオニアである日産が新しいEVをお届けする。この2台のコンセプトは、非常に近い将来に日産が目指す方向を示している」と述べ、いずれもここ数年内の商品化を示唆した。4WDによるEVとしたアリアコンセプトについては「あらゆる路面上での優れた乗り心地と安心感を提供できる。また、IMkは、これまでの軽自動車を一進した力強い走りを実現している」とアピールした。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 池原照雄)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • ful*****|2019/10/24 21:53

    違反報告

    今がロクでもない状態なのに、将来の方向性とか語られてもね。
    ニートが「明日から本気出す」とか言ってるのと同じレベル。
    語るのは、日本市場向けの実売モデルを出してからにしろ。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します