現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > 市販もそう遠くない? 日産のサプライズは電動SUV…東京モーターショー2019

ここから本文です
モーターショー 2019.10.24

市販もそう遠くない? 日産のサプライズは電動SUV…東京モーターショー2019

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京モーターショー2019のプレスデーにおいて、日産は『アリア・コンセプト(ARIYA concept)』と呼ぶクロスオーバーSUVのコンセプトカーを世界初公開した。これは一般向けに事前の予告はなく、当日会場でお披露目されたものだ。

ボディサイズは全長4600mm×全幅1920mm、そして全高1630mm。エンジンを搭載しないEV(電気自動車)を前提に作られており、モーターは前後それぞれに搭載するツインモーター4WDシステムだと日産は説明する。

    日産、国内導入の噂もあるコンパクトSUV「キックス」のコンセプトカーをSEMAショーに出展

EV専用に作られた新型プラットフォームは関係者が「魔法のフライングカーペット」と呼ぶフラットフロアが特徴。インテリアは12.3インチディスプレイをふたつ組み合わせて先進性を印象付けつつ、スイッチなどの数を最小限としてシンプル化。さらにはコンパクト化施した“ミニマムなダッシュボード”や室内空間を最大限に生かす“スリムなシート”が組み込まれ、居住スペースを広げている。

日産はモーターショー開幕と同時に“近い将来の市販車に搭載される技術”として、ツインモーターの4WDシステムや、ふたつの大型ディスプレイを組み合わせたコックピット、そしてスリムなシートを報道陣に公開。それらがこのアリア・コンセプトにしっかり盛り込まれているのもなんとも興味深いところである。

加えて、昨今のコンセプトカーのドアミラーのトレンドはカメラ式だが、このアリア・コンセプトは一般的な鏡のドラミラーを組み合わせているのも気になった部分だ。つまりは、アリアには市販モデルがあり、今回のコンセプトカーはそれを強く示唆したモデルではないだろうか?

日産は2017年11月に発表した中期計画「日産M.O.V.E to 2022」のなかで、クロスオーバータイプのSUVを市場投入すると伝えている。実車を見ていると、『アリア』が近いうちに市販される可能性はかなり高いと思わざるを得ない。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 工藤貴宏)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します