現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > 【東京モーターショー2019】コンチネンタル 電動化・自動運転・コネクテッド製品を出展

ここから本文です
モーターショー 2019.10.23

【東京モーターショー2019】コンチネンタル 電動化・自動運転・コネクテッド製品を出展

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コンチネンタル・オートモーティブは、「Mobility is the Heartbeat of Life (モビリティは生命の拍動)」 をテーマに、第46回東京モーターショー2019に出展し、より安全な交通環境、環境への配慮、ストレスの軽減を実現させるための製品、ソリューション、サービスなどを紹介する。

電動化

    ZFはマヒンドラへパワートレーンとシャシーを供給

現在、低エミッションの内燃エンジンや、電動化バッテリーEVなどさまざまな駆動技術が求められている。コンチネンタルはこれらの技術を手ごろな価格で確実に提供できることを目指している。電動ブレーキユニット「MK C1」は、ブレーキアクチュエータ、ブレーキブースター、制御システム(ABS、ESC)が、コンパクトで軽量な一体化ユニットとなっている。従来の油圧システムに比べて格段に早くブレーキ圧を立ち上げることができるため、事故防止や歩行者保護を目的とした新しい先進運転支援システムに必用なユニットといえる。

電気自動車車用の電動アクスルは、インバーター、発電機、変速機を高度に統合した電気駆動システムになっている。モーターサイズを変更することで多様な車種に適合でき、また、高出力型モーターを採用しているためコンパクトなパッケージとなっている。

「ADCU」は、運転支援・自動運転のための統合制御ユニットだ。高度自動運転(HAD)に最適で、安全かつ確実な多目的処理プラットフォームを実現する。車両の挙動をモニタリングし、車載の各種センサーから取得した信号に基づいた周辺環境モデル(EM)を作成。この走行計画により多数のアクチュエーターに連動制御することができる。

自動運転

自動運転のためのソリューションや製品も多数出展される。ハイブリッドV2X通信は、4G、5Gでの通信、狭域通信(DSRC)、セルラーV2X通信を統合した通信モジュールで、今後のADAS、自動運転には欠かせないユニットだ。

高解像度フラッシュLiDARも高度自動運転や完全自動運転を実現するために必要な革新的センサーだ。コンチネンタルは以前から3Dフラッシュライダーを開発しているが、今回は最新のユニットが展示される。

また第5世代の前方多機能カメラ「MFC500」もドライバーアシスト機能と高度な自動運転に重要な役割を果たす。このMFC500カメラはユーロNCAP2020のための標準モデルと、高度な自動運転を支援する、より高性能なモデルがラインアップされる。ともに100度の水平視野、自車の進路を横切る自転車や歩行者などを早期に認識することができる。

コネクティビティ

最新の4G製品と将来の4.5G、5G製品をラインアップし、常に絶えず最新情報を提供するのがプレミアム・テレマティクス製品群だ。NTTドコモと提携して実証実験している次世代5G・モバイルネットワークの概要も展示される。

この他に車載サーバーユニット、インテリジェント・アンテナ、統合インテリア・モジュールなども出展される。

コンチネンタル 関連情報

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Prove Auto Prove 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します