現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > 【2019 フランクフルト・モーターショー】ブース編その3(VOLKSWAGEN、LAMBORGHINI、PORSCHE、LAND ROVER)

ここから本文です
モーターショー 2019.10.15

【2019 フランクフルト・モーターショー】ブース編その3(VOLKSWAGEN、LAMBORGHINI、PORSCHE、LAND ROVER)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

VOLKSWAGEN/フォルクスワーゲン

ID.3/アイディ3 ■World Premiere

    【2019 フランクフルト・モーターショー】ブース編その2(BMW、MINI、ALPINA、AUDI)

ビートルとゴルフに続く次世代の主役

フォルクスワーゲンの次世代バッテリーEVであるIDファミリーの第1弾が、ついにワールドプレミア。新開発EVプラットフォーム「MEB」をベースに開発されたID.3は、ビートルとゴルフに次ぐ、新時代を切り開くモデルとなるべく、モデル名に「3」が与えられた。全長4261×全幅1809×全高1552mm、ホイールベース2765mmのボディは、ゴルフVIIとほぼ同じだが、ホイールベースは130mmほど長く、キャビンが広くて前後オーバーハングが大幅に短い。電気モーターはリアアクスルに備わり、スペックは204psと310Nm。フロア下に積むリチウムイオンバッテリーは、45kWh(航続距離最大330km)、58kWh(420km)、77kWh(550km)の3種類が用意され、100kWの急速充電器を使えば30分間で290km走行分の充電が可能だ。価格は3万ユーロ(約360万円)以下からで、2020年6月に欧州からデリバリー開始。日本市場への導入は2022年まで待つことになる。





e-up!/e アップ! ■New Model

航続距離が伸びて魅力もアップ!

コンパクトカーup! をベースにした電気自動車の改良モデル。新たに32.3kWh容量のリチウムイオンバッテリーを採用することで、4ドアモデルで航続距離が最大260kmにまで伸長した。ドイツ国内では月額159ユーロ(約1万9,000円)程度のリースもスタート。

LAMBORGHINI/ランボルギーニ

SIAN FKP37/シアンFKP37 ■World Premiere

ランボ初の電気システムは“稲妻の閃光”

63台が生産されるアヴェンタドール・ベースの限定モデル。最大の特徴は6.5L V12エンジンの最高出力を“SVJ”の770psから785psに引き上げたうえで、ランボルギーニ初となるハイブリッドシステムを搭載し、合計で同社史上最高となるシステム出力819psを達成した点にある。ハイブリッドシステムにはスーパーキャパシタを採用。この結果、システム重量が34kgにもかかわらず34psを生み出し、パワーウェイトレシオの改善にも貢献した。シアンはボローニャの方言で「稲妻の閃光」を意味し、ランボルギーニ初のハイブリッドであることを象徴する。




INTERVIEW:04 Maurizio Reggiani

ランボルギーニSPA
技術部門取締役
マウリツィオ・レッジャーニ氏

全域パフォーマンスアップにハイブリッド技術をフル活用

「シアンのハイブリッドは48Vシステムをベースにしており、電気モーターはギアボックスのプロペラシャフトと直結しています。このため、シフト時のエンジントルク切れをモーターで補うことができ、シフトショックの軽減が図れます。これはストラーダ・モードでのみ機能します。また、1速または後退ギアを使ってパーキングスピードで走らせるときには電気モーターの力だけでの走行も可能で、その動きはとてもスムーズで快適です。スポルト・モードもしくはコルサ・モードではブースト機能を生み出し、パフォーマンスを向上させます。アヴェンタドールSVJと比べると、シアンは30→60km/h加速で0.2秒、70→120km/h加速では1.2秒も速くなっています。シアンのもうひとつの特徴はルーフにフォトクロマティック・アッパーガラスを採用した点にあります。これによりスイッチひとつでルーフの色を透明にもダークカラーにも切り替えられるようになりました」 (大谷達也)

PORSCHE/ポルシェ

TAYCAN/タイカン ■World Premiere

ウワサのピュアEVスポーツを一般公開

ポルシェ初のピュアEVとなる“タイカン”がフランクフルトでショーデビューを飾った。タイカンは9月4日に再生可能エネルギーによる発電が盛んなドイツ・ベルリン、カナダ・トロント、中国福州の3カ所で同時に発表されたが、一般に公開されるのは今回が初めて。会場には現時点でトップグレードのタイカン・ターボS、これに次ぐパフォーマンスのタイカン・ターボに加え、ベアシャーシなどを展示。ファンの熱い視線を浴びていた。




911 CARRERA 4 CABRIOLET/911カレラ4カブリオレ ■New Model

992型のラインナップがフルタイム4WDで充実

911のベーシック版である“カレラ”は後輪駆動仕様のクーペとカブリオレが発表済みだったが、フランクフルトではその4WD仕様がワールドプレミアを飾った。先代を15ps上回る385psの最高出力はカレラと共通。0→100km/h加速は4.4秒と発表されている。

 

CAYENNE TURBO S E-Hybrid COUPE/カイエン・ターボS Eハイブリッド・クーペ ■New Model

ポルシェが誇る最高峰のSUVがデビュー

カイエン・シリーズの最高峰に君臨するのが、V8ターボエンジンにプラグインHVシステムを組み合わせたターボSEハイブリッド。システム出力は680psで0→100km/h加速を3.8秒で駆け抜け、最高速度は295km/hに達する。もちろんクーペのほかにSUVボディも用意。




MACAN TURBO/マカン・ターボ ■New Model

ファン待望の“ターボ”は排気量ダウンで出力アップ!

マイナーチェンジを受けたマカンにトップグレードの“ターボ”が復活した。エンジンは改良版の2.9L V6ツインターボで従来型(3.6L)を40ps上回る440psを発揮。フェイスリフトされたエクステリアだけでなく、改良されたサスペンションの出来映えも楽しみだ。

LAND ROVER/ランドローバー

DEFENDER/ディフェンダー ■World Premiere

伝統のオフローダーも時代の要請に適応

1979年にランドローバー・シリーズIIIとして誕生して以来、基本設計を変えることなく生産し続けられてきたディフェンダーがついにフルモデルチェンジを受けた。新型は直線基調のデザインを受け継ぎつつも、ボディをアルミモノコック構造に一新。通常のエンジンに加えてマイルドHVやPHEVも用意し、時代の要求に応えた。会場では42度の急傾斜を駆け下りて見せるなど、圧倒的なオフロード性能はもちろん健在である。



  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(LE VOLANT CARSMEET WEB CARSMEET web編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します