現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > 【東京モーターショー2019】トヨタ 「MIRAI コンセプト」出展

ここから本文です
モーターショー 2019.10.12

【東京モーターショー2019】トヨタ 「MIRAI コンセプト」出展

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタは2019年10月11日、東京モーターショー2019のメガWEB会場で開催される「フューチャー・エキスポ」で「MIRAI(ミライ) コンセプト」を世界初公開すると発表した。

モデル概要

    【東京モーターショー2019】ヤマハ 無人自動運転ビークルなど出展

現行のトヨタ・ミライは2014年12月に発売して以来、世界中で約1万台を販売した世界初の市販燃料電池車だ。今回出展される「ミライ コンセプト」は、2020年末の発売に向けた次期「ミライ」の開発最終段階のショーモデルとなる。

「ミライ コンセプト」は、エコカーの枠を超えた、走りを予感させるダイナミックさ、思わず振り返るエモーショナルなエクステリア・デザインを両立させたスタイリングを追求。また、単なるエコカーではなく、走る楽しさを持つクルマづくりに徹底的にこだわり、今までにない気持ちの良い走行フィーリングを開発目標とするなど、現行のみライトはかなりコンセプトを変更している。

燃料スタック性能、出力の向上などにより、リニアで滑るような質の高い動き出し、レスポンスのよい気持ち良い加速、高速域までトルクフルな走りを実現し、ワインディングでは意のままのハンドリングを目指しているという。

ボディサイズは、ホイールベース2920mm、全長4975mm、全幅1885mm、全高1470mmと、現行モデルよりサイズアップし、Eセグメント・サイズとしている。プラットフォームはTNGAを採用している点が、これまでと大きく異なっている。また現行モデルは定員4名だが、次期モデルは定員5名に変更。タイヤは大径の245/45R20サイズとしている。

ボディ色は新開発の深みのある「フォースブルー マルチプルレイヤーズ」を採用。複層工程により鮮やかさと深み感を強調し、スポーツマインドを刺激するような強いブルーを追求している。

インテリアはドライバーを包み込むようなインスツルメントパネルと12.3インチのワイドモニターを装備したセンタークラスターにより、ドライビング・プレジャーと、先進のくつろぎ感を併せ持つシンプル&モダンで温かみある空間としている。

FCシステムを全て一新し、燃料電池自動車としての性能を大幅に向上させ、出力もアップすると同時に、水素搭載量の拡大などにより、航続距離を従来型比で約30%延長、すなわち700kmから900kmに伸ばすことを目標に開発を進めているという。

なおこの次期型ミライは日本や北米、欧州などで2020年末からの発売を予定している。

【主要諸元】

  • 全長:4,975mm
  • 全幅:1,885mm
  • 全高:1,470mm
  • ホイールベース:2.920mm
  • 駆動方式:後輪駆動
  • 乗員定員:5人
  • 航続距離:約30%延長(従来比)
トヨタ ミライ 関連記事
トヨタ 関連記事
トヨタ 公式サイト

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Prove Auto Prove 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します