現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > フランクフルトショーが驚きの規模縮小! ドイツメーカーが苦悩する電気自動車の政治利用

ここから本文です
モーターショー 2019.9.21
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回のフランクフルトショーは縮小開催ともいえる事態に

 今回のIAA(フランクフルトショー)では、日系ブランドではホンダのみの出展となった。ほかにもフレンチブランドも全滅(PSA系のドイツブランドであるオペル除く)、韓国系もヒュンダイブランドはブースを構えたが起亜ブランドはブースを構えなかった。いつもはひっそりとブースを構えていた、インドのマヒンドラ&マヒンドラ傘下の韓国サンヨンの姿もなかった。(WEB CARTOP)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • tak*****|2019/09/21 11:40

    違反報告

    環境保護団体って胡散臭
  • sw4*****|2019/09/21 21:03

    違反報告

    グリーンピースは自分達を環境保護団体だと言うが、実際は環境テロリスト集団である。
    現在のバッテリー技術で無理にピュアEV化を推し進める事は、資源の浪費と環境負荷増大を招くだけである。

    物事には順番がある。
    先ずは全個体電池など、自動車のエネルギー源として最低限の性能を持った次世代バッテリーの開発に注力し、その間はHVやクリーンディーゼルなどで、出来るだけ環境負荷低減を図る。
    そして、次世代バッテリーが実用化される頃には、次世代液体燃料も追い付いてきている可能性があるので、それらと既存の化石燃料含め、国・地域毎のエネルギーインフラ整備状況に合わせて最適なソリューションを提供する。

    EVは発電をゼロエミッション化しない限り、真の意味でのゼロエミッション足りえない。
    だが、発電のゼロエミッションは上述した技術よりもさらにハードルが高い。
    次世代バッテリーが実用化されても尚、全てEVにすれば良いとは限らない。
  • xgw*****|2019/09/21 09:13

    違反報告

    8シリーズかっこいいよね

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン