現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > アウディ A5カブリオレ 改良新型、マイルドハイブリッド採用…フランクフルトモーターショー2019で発表

ここから本文です
モーターショー 2019.9.18

アウディ A5カブリオレ 改良新型、マイルドハイブリッド採用…フランクフルトモーターショー2019で発表

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アウディは、フランクフルトモーターショー2019(Frankfurt Motor Show)において、改良新型『A5カブリオレ』(Audi A5 Cabriolet)を初公開した。

現行A5カブリオレは2016年秋、欧州で発表された。現行A5カブリオレでは、ボディに複合素材を使用し、剛性を追求した。アウディによると、ねじり剛性は先代比で4割向上しており、クラス最高のボディ剛性を実現しているという。

    新型アウディRS7は全長5m超&全幅2m弱の大型ボディを持ち最高速は305km/h

さらに現行型では、軽量さも追求されており、先代比で最大40kg軽量化した。この現行A5カブリオレがデビューから3年を経て、初の大幅改良を実施した。フランクフルトモーターショー2019では、改良新型がワールドプレミアされている。

◆新デザインのシングルフレームグリル

改良新型には、新デザインのフロントグリルを採用した。ハニカムグリルを備えたシングルフレームグリルは、従来よりもワイドかつフラットになった。グリルの上にある換気スリットは、1984年の『スポーツクワトロ』をモチーフにした。バンパーの下部には、大型のエアインテークを備えたブレードが付く。リアは、台形のテールパイプを備えたディフューザーインサートにより、ワイドに見せる変更を施した。

改良新型には、最新のLEDヘッドライトを標準装備する。オプションで、ダイナミックターンシグナルを備えたLEDリアライト付きのマトリックスLEDヘッドライトを用意した。外装をスポーティに仕立てる「アドバンスドライン」と「Sライン」も選択できる。ボディカラーは、新色のシェードディストリクトグリーンなど、12色を設定している。

ルーフは、引き続きソフトトップだ。ワンタッチでソフトトップが開閉できる機能が採用された。これにより、完全自動のソフトトップは約15秒で開き、約18秒で閉じられる。走行中でも、50km/h以下なら、ソフトトップの開閉が可能。安全面では、万一の横転事故に備えて、頭から胸部を保護するサイドエアバッグや、自動的にポップアップするアルミ製ロールオーバーバーが採用されている。トランク容量は370リットルだ。 分割式の後席背もたれを倒せば、容量が拡大できる。

◆スマホ感覚で操作できる最新MMIタッチディスプレイ

改良新型のインテリアは、ダッシュボードの中央に、ドライバーに向かってわずかに傾斜した大型のMMI(マルチ・メディア・インターフェース)タッチディスプレイを配置した。

新しいMMIシステムは、最新のスマートフォンと同様のユーザーエクスペリエンスを可能にする。センターコンソールには、従来のロータリーボタン式コントローラーに代えて、音響フィードバック付きのMMIタッチディスプレイを装備した。10.1インチのグラフィックメニューにより、使いやすさを追求する。MMI検索はフリーテキスト入力に基づいており、素早い検索を可能にした。最新の音声認識技術も導入されており、日常会話で使用される言葉の多くを理解する。

◆マイルドハイブリッドは12ボルト仕様

パワートレインでは、12ボルトのマイルドハイブリッドシステムを複数のグレードに組み合わせた。12Vのマイルドハイブリッドは、12ボルトの電源システム、BAS(ベルト駆動式オルタネーター・スターター)、蓄電容量10Ahの小型リチウムイオンバッテリーを組み合わせた。

55~160km/hで走行中、アクセルオフでエンジンを休止させ、惰性走行して燃費を稼ぐ。エンジンのスタート/ストップ機能も、幅広い走行条件で作動する。減速時には、BASが最大5kWのエネルギーを回生する。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 森脇稔)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します