現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > アウディ、新型RS7スポーツバックを発表。4リッターV8ターボを搭載したシリーズ最強モデル

ここから本文です
モーターショー 2019.10.12

アウディ、新型RS7スポーツバックを発表。4リッターV8ターボを搭載したシリーズ最強モデル

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

独アウディは9月10日、フランクフルトモーターショーで、4ドアクーペ「A7 スポーツバック」シリーズの最強モデルとなる新型「RS7 スポーツバック」を発表した

2代目A7スポーツバックに、最も過激な“RS”モデルが追加される。新型がフロントに積むのは4.0リッターV8ツインターボ。排気量こそ先代から変更ないものの、アウトプットは40馬力/100Nm高められ、600馬力/800Nmを発生。トルクはモデルライフ後半に追加された「RS7パフォーマンス」をも上回る値となった。

    新型アウディRS7は全長5m超&全幅2m弱の大型ボディを持ち最高速は305km/h

公表データによると、0-100km/hは3.6秒。最高速はリミッターにより250km/hに制限されるが、オプションのダイナミックプラスパッケージを選択すると305km/hとなる。一方で、48V電装によるマイルドハイブリッド技術や、低負荷時に4気筒を停止するシリンダーオンデマンドの採用により、燃費は8.7km/リッターを達成している。組み合わされるトランスミッションは8速ティプトロニックだ。

ボディサイズは全長5,009×全幅1,950×全高1,402mmと、ベースモデルより全長、全幅ともに約40mm拡大。ブラックアウトされたグリルや大型エアインテーク、そして22インチまで用意される大径ホイールが、エクステリアを迫力溢れるものに変化させている。ベースモデルと共用するのはボンネットフード、ルーフ、フロントドアおよびハッチゲートのみで、その他は専用デザインのものが与えられるなど、差別化は多岐にわたる。

インテリアは、フルデジタルのメーターパネルに加え、センターコンソールにも2枚のタッチパネルを備えたA7スポーツバックと共通のデザインだが、フラットボトムのステアリングホイールやハニカムパターンのスポーツシートはRS7の専用品だ。もちろん30を超えるドライビングアシストシステムなど、ベースモデルの先進性はそのまま残される。

さらに獰猛になった新型RS7スポーツバッグ。欧州での販売開始は本年末とアナウンスされている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(carview! 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します