現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > 【東京モーターショー2019】会場と業界を「OPEN」に、未来のモビリティを感じる…主催者説明会

ここから本文です
モーターショー 2019.7.31
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一般社団法人日本自動車工業会(以下、自工会)は、2019年10月24日~11月4日の12日間、第46回東京モーターショー2019を、東京ビッグサイトを含む、青海エリア、有明エリアを利用して開催すると発表した。

今回の東京モーターショーは「OPEN FUTURE」をコンセプトに、来場者に「クルマ・バイク本来の楽しさ」と「未来のモビリティ社会」を感じられるような、今までとはひと味違ったモーターショーになっているとのこと。そんな未来を睨んだモーターショーを開催するにあたり、事前説明会が7月26日に日本自動車会館にて行なわれた。(レスポンス)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン