現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > ZFの最新自動運転システム、エヌビディアのプラットフォームを採用…上海モーターショー2019

ここから本文です
モーターショー 2019.4.19
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エヌビディア(NVIDIA)は、中国で開幕した上海モーターショー2019において、ZFの最新自動運転システムにエヌビディアの「NVIDIA DRIVE」プラットフォームが採用された、と発表した。

ZFの最新自動運転システムが、「coPILOT」(コパイロット)だ。このシステムは、AI(人工知能)と包括的なセンサーセットを活用することで、とくに高速道路におけるさまざまな自動運転機能を可能にする。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

coPILOTは音声コマンドにも対応する。(レスポンス)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン