現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > 「100年に一度の変革期」、電動化とコネクテッドを柱にするデンソー…上海モーターショー2019

ここから本文です
モーターショー 2019.4.18
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

上海モーターショー2019のプレスデイ2日目となった4月17日。日系の大手自動車サプライヤーの多くが記者会見を行った。アイシングループと合同で行われたデンソーの会見では、電装中国投資有限公司の梶田宜孝・董事長が登壇した。

「100年に一度の変革期」と言われている現在、同社は電動化、先進安全、自動運転およびコネクテッド分野における技術開発を柱として、この大きな変化に対応していくと語った。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

特にデンソーのブースで目立ったのは、運転機能の自動化とクラウドへの接続を利用した様々な提案だった。(レスポンス)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン