現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > スバル、新型アウトバックをニューヨークショーで世界初披露。新世代プラットフォームにより高剛性化

ここから本文です
モーターショー 2019.5.8
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スバルは4月18日、クロスオーバーSUVの新型「アウトバック」を米で開催されたニューヨークオートショーで世界初披露した。

新型アウトバックは、1995年に誕生した初代から数えて6世代目となる。その大きな特徴は、歴代モデルが培ってきた快適性や積載性、アウトドアにフィットするタフで質感の高いスタイリングを継承しながら、新技術により諸性能を全体に引き上げたことにあるといえそうだ。

    新型スバル アウトバックは後席や荷室が拡大。タフ感増してよりアウトドア志向に

基本性能に大きく影響するプラットフォームを一新し、新世代「グローバルプラットフォーム」を採用。これにより車体の高剛性化を実現しており、走りや快適性のレベルアップが期待できるものとなっている。(carview!)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン