現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > ZFの商用車向け電動パワートレイン、モーターは最大トルク306kgm…上海モーターショー2019

ここから本文です
モーターショー 2019.4.16
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ZFは4月15日、中国で4月16日に開幕する上海モーターショー2019において、商用車向けの電動パワートレインを初公開すると発表した。

ZFの商用車向けの電動パワートレインは、「CeTrax」と呼ばれる電動セントラルドライブで、バスや中型トラックに対応する。バスは全長が10~12mの路線バスやシャトルバス、中型トラックは最大12トン用に設計された。既存の車両プラットフォームに組み込むことができる。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

モーターは、最大231hp、最大トルク306kgmを引き出す。(レスポンス)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • mdq*****|2019/04/17 05:15

    違反報告

    今はこのようなシステムが大型EVに移行しやすくなる。将来的にはプロペラシャフトは廃止する部位にモーター搭載となると思うが布石になればいいのではないでしょうか?

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン