現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > ロータス、初のEVハイパーカー『タイプ130』を計画…上海モーターショー2019

ここから本文です
モーターショー 2019.4.16

ロータス、初のEVハイパーカー『タイプ130』を計画…上海モーターショー2019

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロータスカーズは4月16日、中国で開幕した上海モーターショー2019において、初のEVハイパーカー、『タイプ130』(Lotus Type 130)の開発計画を発表した。

ロータスカーズは2008年、ミッドシップの2+2スポーツカー、『エヴォーラ』を発表した。このエヴォーラ以来、完全新規のスポーツカーは発表されていない。上海モーターショー2019で開発計画が公表されたタイプ130は、ロータスカーズにとって、エヴォーラ以来、11年ぶりの新型車となる。

    【東京オートサロン2019】日本初公開 新型ロータス・エキシージ カップ 430 公道走行可能な史上最強のエキシージ

ロータスカーズは、車名に「タイプ」を冠した過去のモデルに、画期的な技術を搭載してきた。例えば、1957年に発表された『エリート』(「タイプ14」)は、コンポジットモノコックを採用した世界初の量産車だった。また、1963年に発表されたF1マシン「タイプ25」は、世界初のモノコック構造のF1マシンで、ロータスにF1初勝利をもたらした。

なお、ロータスカーズ、そして英国初のEVハイパーカーのタイプ130に関しては、2019年後半にその詳細が明らかにされる予定だ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 森脇稔)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します