現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > フェアレディZとシティ、光を放ったオープンモデル…オートモビルカウンシル2019

ここから本文です
モーターショー 2019.4.6
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マツダがロードスター30周年記念車を日本初公開した同社ブースのとなり、1980年代の名車たちが並ぶ「百花繚乱80's」コーナーには、日産『フェアレディZ』とホンダ『シティ』のオープンモデルが、その古さを微塵も感じさせず、スペシャルなオーラを放っていた(オートモビルカウンシル2019)。

日産フェアレディZ 2by2 300ZXツインターボ GCZ32型は、「スポーツカーに乗ろうと思う」というキャッチコピーとともに登場した4代目モデルの4座オープンモデル。Z32型は、2座(3ドアファストバック)のほか、この4座Tバールーフ版や、2ドアコンバーチブル版が設定されていた。(レスポンス)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン