現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > これは長い! トヨタ ハイエース 新型を見た…バンコクモーターショー2019

ここから本文です
モーターショー 2019.3.25
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公式には3月26日のプレスデーが初日だが、その前日に優良顧客を招く「VIPデー」として開幕しているバンコクモーターショー2019。

そのトヨタブースでもっとも興味深いモデルは、ステージ上に飾られた新型『スープラ』ではなく、ブースの脇にさりげなく置かれた1台のバンだ。近づいてみると、なんと噂の新型『ハイエース』。ただし名前はハイエースではなく、『コミューター』となっていた。

    古い車をコツコツ直しながら乗る 自分だけの育成系オンリーワン車が流行る!?

コミューターとは、日本のハイエースの仕様名としても使われている多人数乗用モデルのことで、タイでは「送迎やツアーシャトルとして使われる小さなバス」として驚くほどの頻度で見かける人気車種だ。(レスポンス)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン